ライザップキッズ

スポーツ 小学校受験

ライザップキッズの小学校受験対策:オーダーメイドで聞く力と指示行動特訓中

最近は、毎日指示行動の練習をしています。お世話になっているのはいつものライザップキッズ中心。
目的は、「聞く力」と「指示行動」の目に見える強化です。
ライザップキッズは小学校受験にも強いのですが、HPに直接の記載がなく、対策をしているお話が見当たらないので、今回レビューします。

「聞く力」と「指示行動」は、指定された内容を正しく理解し、行うという意味で、求められる能力は似通っています。

聞く力は抽象的な表現ですが、小学校受験全体を通して非常に重視されていて、多くの学校で明言されています。先生の話を聞いて理解することは、基本的かつ重要だからです。このうち、指示行動は、指定された複雑な動きを覚えて実践するという意味で、聞く力と同時に一定の運動能力も見ることができて、小学校受験の頻出論点の一つとなっています。

そして、コロナ禍の本年においては、「聞く力」の重要性は例年にも増して高いと考えます。なぜなら、グループでの協力が関わる問題を出しにくい状況にある一方、聞く力、指示行動は個人の能力を試すことができるからです。

我が家では、ライザップキッズの通学と通信で毎日練習していますが、複雑な動きを何度も練習していれば、誰でも上達することが分かりました。今回、ある程度うまくいきましたので展開します。簡単な動きを覚えられない方は、その理由に「練習不足」を疑ってみてください。

一回の幼児教室の体操授業の指示行動に8人程度のクラスで参加したとしたら、回ってくる順番は、長い時間でも数回しかないはずです。この他大人しく拍手する練習ですが、このカリキュラムは少々効率が悪いかもしれません。

ペーパー30枚取り組んでいる子に対して、3,4枚しか取り組まなければ、いくら質が高くても勝てないのと同様、指示行動は何度も繰り返して練習すべきです。

下記は練習中の動画の一部ですが、これを最初は3往復、できるようになると複雑な動きを取り入れて、どんどん増えていきます。
今では動きを変えながらでも4,5往復できます。これをひたすら練習していくわけですが、自然とできるようになります。

教えて頂いたトレーナーの先生は超高学歴、どんどん難しい問題を出してきます。
ライザップは授業の時間が来たら終わり、ではないです。

セッション後の夜か次の日には動画で次の課題が来ます。授業で練習した内容を継続して練習していくわけです。

頑張るのはあくまで自分自身で、毎日継続できるよう補佐する役目を担ってくれます。
成長速度としては、これに勝るものはないでしょう。イメージとしては、公文の運動版です。

このように、ライザップキッズは2か月から集中して小学校受験で抑えたい学校、特定分野の強化を行い、授業がない日も通信で練習できる点が大きなポイントです。弱いと感じる分野がある方は是非問い合わせしてみてください。縄跳びはもちろん、バランス立ちの練習や、模倣体操(難度激高)なども面白いです。

無料体験も出し惜しみせずみっちりやってくれるので、一日で結構成長しますよ。
これでお子様が楽しんで前向きになっていれば検討して良いでしょう。

 

 

-スポーツ, 小学校受験
-, , , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ