元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

小学校受験

筑波大学付属小学校:2019年度2次選考(考査)の試験問題速報と、次年度以降の傾向と対策

更新日:

皆様こんばんは。

本日で筑波大学付属小学校の考査が終わりました。
あとは発表と抽選が行われ、今週中に確定します。また、これをもって本年の首都圏の小学校受験も終わり、最後に各学校の補欠枠が動きます。

具体的な問題はわかりませんが、筑波の出題された論点まで教えてもらいましたので、簡単ではありますが、速報とさせていただきます。


2019年筑波大学付属小学校考査
出題論点(内容はグループにより異なる)

試験前の待機、先生とのやり取り・・例年と同じ(下記リンクご参照)

①ペーパーテスト
お話の記憶(複数の動物がお出かけ)
図形問題(重ね図形など)

時間の関係で、例年全問正解は難しいが、
倍率が10倍なので合格ラインは何とも言えないところ。

②口頭試問
例年と同様

③制作
制作物はグループによって異なるが、例年と同様の傾向。

時間内に、紙コップ、紐、テープ、のり、クレヨン、紐を使って、
塗る、くっつける、通すといった作業のものが多い。

④クマ歩き
例年と同様

⑤行動観察
紙コップ積みなど例年と同様。

⑥作文
テーマは様々なであるが、例年と同様の傾向の模様。


次年度の傾向と対策

来年度、試験の形式が変わらないという前提のもとですが、一定の対策が取れます。

まず、11月11日のブログ、
筑波大学附属小学校:2次選考の過去問傾向から本年試験内容を予想はこちら。

こちら、内容はそのままですが、論点としてはほぼ当たっていることがわかります。
私は自らの経験に加えて塾講師もやっていた手前、このような予想はどちらかというと得意な方ですが、受験した方ならお分かりの通り、これ自体は特段自慢にもなりません。

単に過去問の傾向から、数字に基づいて予測しているだけです。大枠として、筑波の試験問題は、例年あまりぶれません。ここから読み取れる傾向と対策はこちらです。

・筑波は毎年同じ論点の問題が出ることが多く、過去問対策が非常に有効。試験の予測の確度が高いということは、それに特化した練習は必須です。
・論点の予想は有効だが、詳細の予想 (どんなお話かな?とか、どんな図形問題かな?など)は効率が悪い。図形が出るのがわかっていれば、図形は全てしっかりやる。クマ歩きも同様。
・皆ができるところを間違うと、恐らく即アウト。
・絵画などイレギュラーな論点はほどほどに。対策としては時間をかけるべきではない。この時間をお話の記憶、図形やクマ歩きにかけるべき。

筑波の試験は最初の抽選で50~60%に絞られ、対策を事前にしていても受けられるかわかりません。また、倍率10倍程度の厳しい2次を切り抜けたとして、明後日の3次でまた3分の2に絞られますので、本当に厳しい試験です。

筑波は現時点では受験したいと考えていますが、抽選の可能性を踏まえると、筑波のための対策はほどほどになると思います。でも、上記のうち、作文対策は事前にやっておかないと、差が出そうです。聞かれるパターンは様々でも、回答パターンは限られますしね、、

筑波大学附属小学校過去問題集 2019年度版 (小学校別問題集)

筑波大学附属小学校過去問題集 2019年度版 (小学校別問題集)

5,820円(12/10 23:27時点)
発売日: 2018/07/01
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

 

 

 

 

 



-小学校受験
-, , , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.