元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

おすすめ記事 幼児教材・知育玩具の比較、検討

2020/2/28

休校中でも学べる幼児・小学生向け在宅学習・知育通信教材・オンライン学習まとめ

アクアラボ

おすすめ記事 わさびの日記

2020/3/24

【加湿器OK】次亜塩素酸ナトリウム水(アクアラボ)と次亜塩素酸水(ジーア)の比較:コロナウイルスへの除菌効果は?

WONDER BOX

おすすめ記事 幼児教材・知育玩具の比較、検討

2020/3/28

新知育教材Wonder Box(ワンダーボックス)の受講レビューと評判: アプリで図形や算数、プログラミングを楽しく学ぼう

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/12/12

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼児教材・知育玩具の比較、検討 幼稚園受験

2020/3/10

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としてもおすすめ:3月末まで無料教材配布中!

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2019/8/13

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2019/8/13

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/9/18

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2019/11/25

【小学校受験】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

伸芽会模試 幼稚園受験

おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児教材・知育玩具の比較、検討 幼児教育の効果検証

2020/1/9

【幼児通信教材】こどもちゃれんじを3年6か月継続したレビューと効果

慶應内規明文

関連ニュース

【週刊文春記事】慶應幼稚舎の教員が、個別指導で謝礼?闇指導の真偽と問題の所在を客観分析

更新日:

本日、記念すべきブログ1周年、何を書こうかと思っていたら驚きのニュースが飛び込みました。

週刊文春の取材記事によれば、慶應義塾幼稚舎が、受験前のお子様に個別指導を行っていて、しかも金品を見返りとしてもらっていたとのこと。結論から申し上げると、まだ真偽がわからないので断定的なことは何も言えません。

慶應幼稚舎は、小学校受験で受験倍率10倍を超える、私立小学校で最難関と言われる学校です。
明確に立証できるデータはないですが、難易度で言うと、慶應義塾大学へ入るよりもずっと難しい小学校です。
このような学校で疑われる事象が起きたことに非常に驚いています。

幼稚舎では、小学校受験の形式も独特です。小学校受験では通常多くの学校でペーパー試験や面接を課しますが、幼稚舎の試験ではいずれもありません。その代わりに行われる試験が、体操や行動観察です。他に絵画・制作もあるものの、運動能力が合否を大きく左右します。

【小学校受験】慶應義塾幼稚舎の特徴、倍率、考査及び横浜初等部との比較

今回は、その体操や行動観察にあたる運動にかかわる指導を行っていたため、大きなニュースとなりました。

今月7月上旬、幼稚舎で行われた学校説明会に行きましたが、配布された資料にも下記の一文があります。

「入学試験に関する質問や相談について、舎長および教職員は、公私にかかわらず一切お受けしません。受験に関連して、舎長および教職員へ金品を送ること、私宅を訪問すること、書状を送ることなどは固くお断りします。」

と明記されています。この文言から、問題の所在を下記のように切り分けしていきます。
私見が入りますが、下記の範囲内であれば、問題になったとしてもあくまでグレーの範疇かと思われます。

  • 断り切れず、受験前のお子様と接触を持ち、遊んであげた。金品の受け取りは何もなし。
  • 仕事などを通じて、受験前のお子様と食事した。
  • 書状が勝手に送られてきた。開封していないが捨ててもいない。
  • 断り切れず、お土産ものを成り行き上もらってしまったが、指導はしていない。金品はない。

問題になるかならないかのキーは「受験前の子供に指導をした」事実と「見返りとして金品を受け取った」か否か、
実害として「受験に関係しているか否か」にあるでしょう。
「指導」は疑いを招きますが、「遊んであげた」との区別が曖昧で、教員が悪意があってもなくても、いずれにしても悪意を立証するのは難しいです。このため、今回の争点はまず「見返りとして金品を受け取ったか否か。」になるでしょう。先日の吉本の件と似通った部分がありますね。今回特有の論点として、受験生が気になる点は「受験に関係しているか否か」です。もし関与していたら、合否に直結する指導になりますので大きな問題に発展する可能性があります。

今回の記事の趣旨では、下記が指摘されています。

  • 教員の指導している教科、学年、特徴など特定されるに足る情報が記載されている。
  • 真偽不明だが、教員は受験に関与する旨の記載あり。
  • その教員らしき方と子供がコンビニから出てくる写真が掲載されている。(本当のところの関係はわからない。)
  • 教員らしき方が紙袋を受け取っている写真が掲載されている。
  • 記事によれば、一回当たり5万、10万円のお車代、受験が終わったら合否に関係なく謝礼を支払われていた。
  • 真偽はわからないが、会話内容も記録されており、事実であれば個別指導をしていたことが推定される。
  • 本人にインタビューしているが、歯切れが悪い回答。現時点で否定されていないので、写真は本当に教員で、指導をしていたことは事実と推定される。
  • 学校側は調査中と回答。

記事では金品の授受があったことも報じていますので、なかなか厳しい所です。試験に関与したという記事もありましたが、
こちらは根拠があるわけではないのでまだ何とも言えません。
そもそもですが、今回、慶應自体が学校ぐるみで不正をしていたわけではありません。
しかしながら、今回の告発者が誰かわからないので、不気味な所です。試験に落ちて告発した方であれば、二の矢、三の矢があるかもしれません。もし学校が下手に真実を異なることを言ってしまって、それを覆す情報が出されると、今度は慶應自体の評判にもかかわります。学校側も対応が難しい所で、本当に吉本の件と似ています。

慶應の件とは関係なく、小学校全体、ひいては社会全体で見れば、このようなことをしてしまう方も一定数いることも確かですから、対応を間違えなければ、長期化する問題でもないと考えます。

受験生だけでなく、世の中一般の多くは、小学校受験のコネや不正について、疑念を持っています。
このため、
今後疑われることもないようにより徹底していただき、これから受験する受験生全体にとって望ましい形にしていただきたいですね。

昨年は青山初等科で疑われる事象がありましたが、該当の受験生をしっかり落とすという対応をしていたことで、逆に株を上げたとも考えています。慶應も同様に毅然と対応頂き、私立小学校全体の信用を保って頂きたいなと思います。



-関連ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2020 All Rights Reserved.