公文の目標と成果

本ページにて、公文における目標設定と、その進捗をまとめ、定期的に更新していきます。

娘は公文を1歳11か月から始めました。
6Aの運筆から開始し、ブログを始めた3歳5か月時点において、算数は2A、国語は3Aです。

小学校卒業時に、小学6年生で全て終わらせることを目標としていますが、これは某新宿の教室にてそのような先輩がいたことから、指針とさせていただいています。年長の2月で算数をGまで進めることで、幼児優秀児認定テストを受けることができます。ややハイペースになりますが、こちらも念頭に置いて取り組みたいです。

なお、下記書籍によると、多くの公文生の成功者は最後まで終わらせるというより、2,3年先の進度へ進んだ状態で、次のステージ(中学受験の学習塾など)へスムーズに接続することで成功している方が多いようです。公文公式の発表においても、小学校2年生~3年生から、始める方と辞める方の数が逆転し、以後小学校6年生にかけて人数は減っていきます。

なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?(祥伝社新書)

なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?(祥伝社新書)

おおたとしまさ
858円(01/25 03:24時点)
発売日: 2017/02/02
Amazonの情報を掲載しています

私もまた最後まで終了したわけはなく、小学校の低学年から高学年にかけてお世話になりましたが、中学校では公文へ通っていません。ただ、この時点で数学はかなり先へ進んでいたので、中学は塾へ通わず(進研ゼミのみ)で数学が得意のまま、公立トップ高に合格できました。

このため、まずは小学校3年生ごろまでは公文をひたすら進め、その段階で受験の予定などと照らして、公文の継続を判断することになると考えています。

ブログの記事においても何回か触れていますが、公文の効果については賛否両論あります。
その根拠は家でもできる教材の割に高いというもの。
確かに高額で1教科7,700円もします。やっていることに比して高いというのは事実ですね。

では次に、家でも本当にできるかという点。家で本当にできるお子様は問題ないでしょう。
一方、公文(に相当する)勉強は反復の力技な面も多く、子供が納得して自律して勉強しなければなりません。
我が家も、家で勉強するより、教室の方が真剣度が増します。そのような集中できる場を週に2回提供してもらえるのであれば、
それはプライスレスとも考えられるかもしれません。

日々の公文の進度報告はこちら

 

公文の目標と実績

公文の算数・数学目標:2018年(年少)7月31日時点で2A30
学年目標実績公文標準
(一年先の進度)
年少9月末2A1002A1404A200
3月末A100B703A100
年中9月末BC503A200
3月末CC2002A100
年長9月末D2A200
3月末EA100
小13月末GB100
小23月末HC100
小33月末KD100
小43月末ME100
小53月末OF100
小63月末QG100
公文の国語目標:2018年(年少)8月10日時点で概ね3A
学年目標実績公文標準
(一年先の進度)
年少9月末3A3A,A並行4A200
3月末AⅠ100AⅠ1403A100
年中9月末AⅡ200AⅡ1503A200
3月末BⅡ100BⅡ2002A100
年長9月末CⅠ1002A200
3月末CⅡ200AI200

これまでの成果
2018年 公文 高進度部門表彰(算数・国語):未就園児

2019年 公文 高進度部門表彰(算数・国語):年少

2019公文式 高進度部門オブジェ

2020年 公文 高進度部門表彰(算数・国語):年中

公文 オブジェ

 

 

© 2021 幼児教育と教材の効果を検証するブログ