元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

幼児ポピー教材

おすすめ記事 教材比較・検討

2019/9/12

【月刊ポピー】幼児ポピーの評判と、学習効果を2倍、3倍に高める活用方法

公文STEP3

おすすめ記事 教材比較・検討

2019/8/13

【0歳~1歳】くもんのおすすめ知育玩具・おもちゃランキング

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2019/8/13

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2019/8/13

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/8/13

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2019/8/13

【小学校受験】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

伸芽会模試 幼稚園受験

おすすめ記事 幼児教育の効果検証 教材比較・検討

2019/8/13

【幼児通信教材】こどもちゃれんじを3年6か月継続したレビューと効果

おすすめ記事 小学校受験

2019/8/13

名門小学校に合格する子供の共通点(幼児教室・教材・能力)

おすすめ記事 幼児英語 教材比較・検討

2019/8/13

【2019年最新】幼児オンライン英会話比較(年齢・費用・内容)

ポピーKids English

おすすめ記事 幼児教育の効果検証 幼児英語 教材比較・検討

2019/9/5

【2019年4月新刊】月刊ポピーKids Englishの体験レビュー

英語の目標と成果

英語に関しての目標は、国語や数学と異なる位置付けで考えています。

なぜなら、国語や数学は追求していくと終わりがほぼない科目ですが、
英語は国語や数学に比べるとゴールがはっきりしています。

多くの日本人は環境が違う以上、ネイティブ以上に話せませんが、
新しい学習指導要領においてこれから聞く・話すが重要になってきます。

このため、数学は早期にできるだけ幅広く、深く進めていきたいと考えているののに対し、英語はネイティブの幼児とほぼ同等になることを目標とすればよいと考えています。
これを達成できれば、あとは従前の英語勉強と変わりなく、受験英語において全ての文法、英作文、長文スピードを完璧にすればよいわけです。この勉強は経験上、中学など遅くから取り組んでも間に合うはずです。

これを踏まえ、幼児期の目標は、外国人と英語で年次相応のコミュニケーションをとることができることとします。理想は、英語圏の国で育った子供の幼児と同様の状態です。

具体的には、下記を目標とします。
・フォニックスの発音を身に着ける。
・基礎フレーズを話せる。聞き取れる。
・物おじせずに話せるようになる。

単語は流れで覚えることはあるでしょうが、それほど重視しません。
りんごがappleとか、像がelephantとか、青がblueとか、このような類は、会話の役にはあまり役に立ちません。わからないときは、自分で何か聞ければそれでいいです。

上記を達成すべく、色々試行錯誤していますので、このページにて進捗と成果をまとめていきたいと思います。

年少(3歳~4歳)でできるようになったこと

・挨拶ができる。:Hello, Nice to meet you, see you
・名前の受け答えができる。:What’s your name?  I'm ○○
・年齢の受け答えができる。:How old are you? I'm three years old
まだthreeだけ言うことが多いが、許容。
・Yes, No.: Are you hungry? Yes
・Thank you, Your welcome.
・えんぴつをとってくれませんか?:May I have a pecil, please?



投稿日:

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.