二子玉川ツリーハウス

お出かけ・レジャー

多摩川ウォーキング日記:二子玉川で発見、子供の隠れ家ツリーハウス

今日は日記です。

幼児教室の再開により、久しぶりに二子玉川へ行きました。
更にその後、武蔵小杉へ行く用があったので、3密回避の運動を兼ねて河原を歩いていくことに。我が家は歩くのが大好きなんです。

ルートは二子玉川から川沿いに世田谷区、大田区と通って、多摩川駅から橋を渡って武蔵小杉方面へ行く下記ルートです。
距離にして6.8キロ。遠いですね。でも、我が家はコロナ前は4キロ程度のマラソン頻繁に走ってますから、歩く限りはへっちゃらです。

なお、下記ルートと並行して、二子玉川駅と多摩川駅の間ののどかな一直線を東急バスが遅くまで往復運航しています。
余計なお世話ですが、こんな難易度の低いバスルートは見たことがありません(笑)。

途中で疲れたら、このバスに乗って悠々離脱することもできます。

二子玉川公園の周りは親戚の家があり、唯一なじみのあるエリアでもあります。
昨年10月、酷い洪水があり、水浸しになりました。その時に手伝いに来てから始めてきました。

だいぶ時間が経っていますが、下図のように折れた木や枝が積み重なった場所が散見されます。
水に埋もれないとこうはなりませんよね。未だに残っているあたり、傷跡の深さが伝わります。

洪水の時に報道された世田谷記念病院の近く(少し二子より)の河原を歩いていると、面白いものをみつけました。
河原で更に土手を降りたところにある木の上に枝を積み重ねて作った木のおうちです。

本当に川の直前ですが、非常に気持ち良い場所です。人が昇り降りする道が自然とできています。

人が集まっていたので聞いてみると、地元の方はツリーハウスと呼んでいました。
このため、この秘密基地をツリーハウスと呼ぶこととします。

このツリーハウスは洪水の後に誰かが作ったそうですので、まだ新しいということになりますね。
上に乗ってみましたら、かなり頑丈。折れる心配はそうそうなさそうです。

私も娘と昇ってみましたが、なんとも昔遊んでいた子供の頃の記憶が蘇ります。
いつまでもぼけっとしていられそうな居心地の良さを感じます。

二子玉川ツリーハウス

このツリーハウスで道草してしまい、時間を要してしまいましたが、気を取り直して歩き始めます。
このあたり、砂利が多いので自転車はかなり通りにくいです。人もまばらで風もあり、3密を避けやすい空間としてウォーキングにおすすめです。

途中、一本の大きな木が生えていました。
洪水の時は土手を超えるほどの水位でしたので、その際この木は半日ほど水に沈んでいたことになります。色々なものが流れてきてぶつかったはずですが、元気そうですね。この話をして、娘にも強くなってねと言いました。

しばらく歩くと、川の水が流れ込む場所にたどり着きました。
地図で見ると、どうも等々力渓谷のほうから流れてくる水もここを通るようです。人がたくさん集まっていて、釣りをする人もいました。奥に行ってみたかったですが、ここで体力を消耗しすぎると酷いことになるので、ここはスルー。

しばらく歩くと、広場の中にぽつりと遊具が一つ。
多摩川玉川公園というらしいです。たまがわたまがわ公園です(笑)

どういう経緯かわかりかねますが、風流ですね。気になったので結局ここで遊んでいくこととなりました。

また道草をしてしまいましたが、
ここを過ぎると、遠くにうっすら青い橋が見えました。目的の橋、丸小橋ですが距離的にはだいぶ先です。

対岸に武蔵小杉のタワマンも見えてきました。後ろを振りかえると、二子玉川ライズはだいぶ遠くなっています。ここで概ね半分ぐらいですね。このあたりで歩数としては6,000歩ぐらいでした。

更に歩みを進めると、サッカー場や野球場、テニスコートがありましたが、どこも人影は見えません。
天気は悪くないので、やってないのかもしれませんね。

徐々に夕暮れが近づいてきました。

こちらはサッカー場

こちらや野球場。ともに人影はありません。

なじみがない土地で暗くなってくると何とも言えないドキドキ感がありますね。
歩みを早めて歩くこと20分、ようやく多摩川駅近くの丸子橋につきました。有名な大きな橋です。

二子からここまで、徒歩で向こう岸に渡る橋はないんですね。

ここでは釣りをする方がたくさんいました。橋の上から見ると、肉眼でも魚を観察できました。たくさんいて驚きです。
釣れるのかなと思い、釣りをしている方を5分ぐらいみてましたが、誰も釣れず。簡単でもないような印象です。

丸子橋の上から見る東横線。綺麗ですね。12,000歩を超え、だいぶ疲れも出てきました。

橋を渡り終えると、あとは武蔵小杉までもうちょっと!と思いきや、結構長かった(笑)

結局武蔵小杉に到着したのは日没後で、要した時間は凡そ2時間ちょっとです。
ここからムサコのグランツリーへ寄って、東横線で帰りましたが、ちょっとした冒険気分で楽しかったです。

次は逆方向から行ってみようかなとも思いましたが、この写真を振り返ってみても、世田谷ルートの方が楽しそうな気がします。

上述のツリーハウスは二子玉川に近いので、それほど歩かなくても行くことができます。
また、ムサコまでいかなくても、多摩川駅までにすれば、4~5キロのルートになります。
お子様の体力に合わせて、運動不足解消に是非どうぞ~



スポンサーリンク

-お出かけ・レジャー
-, , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ