目黒川北桜

お出かけ・レジャー

【東京都】幼児・子供連れにおすすめのお花見スポット(2021年度コロナ禍対応)

スポンサーリンク

皆さまこんばんは。わさびです。

2021年も桜の季節が徐々に近づいてきました。2021年1月18日現在、緊急事態宣言の影響を受けて、お花見シーズンの状況は不透明です。2020年は全般的に自粛ムードがあり、本年度も踏襲する可能性が高いです。
一方で、お花見は基本的に屋外イベントとなりますので、場所・時間・状況によっては可能かもしれませんね。

今回、東京都心の桜の名所を、乳幼児がいるファミリー目線でレビューしていきます。
毎年のことですが、3月中旬、東京の桜はまだ小さい蕾があるかないかの状態なのに、3月下旬以降、あっという間に桜が咲いて、あっという間に新緑の季節になりますので、なんとも不思議なものです。
ただ、東京は場所によっては4月中旬~下旬まで桜が楽しめます。

2020年、2019年の東京エリアの開花予想推移

昨年2020年の東京エリアの開花予想日は3月19日と2019年の予想より7日ほど早かったです。
満開は3月27日と早いですね。

神奈川、埼玉、千葉など周辺は数日遅いようなので、全体として4月初旬まで楽しめるとみていいかもしれません。

なお、2019年は下記の通り推移しました。

2019年3月29日:東京の桜は7部咲き程、場所によっては満開。
週末の30日、31日:お天気は不安定ながら満開に近い状態でお花見を楽しめました。気温が低いので良い状態を保つ。
4月1日~3日:東京都心は平均的に満開のピーク。まだ緑は見えませんが散り始め、夜間気温が低くて長持ち。週末6日あたりで順次も桜も見納め。

赤ちゃん・幼児をお花見に連れて行くメリット・デメリット

小さいお子様を花見に連れていくことで、幼児教育上有用な面も多いですが、たくさん歩くことで大変だったりします。長所、短所をまとめると、下記の通りです。

メリット

・基本的にお金がかからない。
・乳幼児他、年齢を問わない。
・物心ついた頃の幼児教育として有用。
・思い出に残る写真が撮れる。

デメリット

・幼児目線では、お花見は決して楽しいわけではなくすぐ飽きる。
・1~3歳はすぐ歩き疲れる。

桜は幼児にとって非常にわかりやすいお花です。
春はピンク、夏に緑、秋には黄色、冬は白(または枝だけ)。
色彩も豊かで、説明もしやすいです。

上記、長所は当たり前の内容ですが、短所は見過ごされることがあるかもしれません。行くのはいいとして、幼児は飽きるのもびっくりするほど早く、桜だけでそれほど長く引っ張れません。実際、何事も新鮮な経験となる子供にとっては、春に咲く桜もその一つにすぎず、特別な経験ではありません。
幼児を連れたお花見は、桜がメインではなく、他にレジャーがあったり、公園があったり、ゆっくりできる休憩場所があるかどうかを優先することがポイントとなります。

例えば0歳児の子供は記憶に残るわけでもないので、親の運動や写真撮影としては良いですが、長時間歩くルートはやや不向きです。また、帰りの電車などで混雑して、子供が大泣きした、、、など避けたいところです。
1歳でもあまり歩けないので同じようなことが言えますが、特に0歳児は人が多く休めない場所よりも、落ち着ける場所の方が良いでしょう。

一方で2歳以降は桜を勉強する幼児教育としての良い機会となりますので、是非積極的に連れて行くべきです。蕾の段階から、花が咲いて、緑になり、秋には黄色くなって冬には枝だけになる(か雪で白くなる)と教えてあげたいところですね。

幼児がいるファミリーの定番お花見スポット

桜アップ

下記は、20年前の学生時代から通算して、お花見の季節に行ったことがあるスポットです。今回、未就学児までのお子様がいるファミリーを想定して、実体験に基づくお花見名所の長短をご紹介します。

新宿御苑

場所新宿御苑
最寄駅電車:東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅、都営地下鉄新宿三丁目駅から徒歩5分、JR・京王電鉄・小田急電鉄新宿駅から徒歩10分
おすすめ★★★★☆:座れてゆっくりできる。値上がりはマイナス材料だが、密回避にはグッド。
詳細入園料が2019年3月19日より
・大人200円→500円
・小中学生50円(幼児無料)→65歳以上と学生250円(高校生以上)、それ以外無料
と結構値上がりしました。
これまではジュースを買う感覚の料金でしたが、ランチが食べれそうな価格への値上げとなります。
この値上げを除けば、9:00~16:00しか空いていないという制約もありながら、酔いつぶれる学生・社会人もおらず、芝生でゆっくりできるところは大きなメリットです。また、遅咲きの桜も多く、4月中旬から下旬にかけても桜が楽しめます。桜を見る会もないですしね(笑)。
このため、年齢問わずファミリーにとって非常におすすめです。

千鳥ヶ淵

場所千鳥ヶ淵公園付近
最寄駅電車:東京メトロ東西線・半蔵門線九段下駅から徒歩5分
おすすめ★★☆☆☆:皇居と桜を見て楽しむ大人向け
詳細皇居のお堀をバックに見える桜は非常に綺麗で、夜にライトアップされたりする名所ですが、あくまで止まったり座ったりせず、歩きながら楽しむ大人向けの桜です。カップルはもちろん、ビジネスマンもちらほら。1~2歳程度の、長距離を歩けないお子様はご注意を。

井の頭恩賜公園

場所井の頭恩賜公園
最寄駅電車:JR中央線吉祥寺駅から徒歩5分 京王井の頭線井の頭公園駅から徒歩1分
おすすめ★★☆☆☆:どこへ行ってもガヤガヤ。コロナ禍環境下では✖
詳細学生・社会人の酔っぱらいが多いので落ち着けない。但し、歩き疲れるほどの広さもないため、雰囲気を味わうだけで良いのであれば行く価値あり。

上野恩賜公園

場所上野恩賜公園
最寄駅電車:JR・東京メトロ上野駅から徒歩5分、京成電鉄京成上野駅から徒歩3分
おすすめ★★★☆☆:井の頭公園と同じくガヤガヤ。コロナ禍環境下では✖
詳細井之頭公園と全く同じ位置づけで、非常に混沌としているが、こちらは周りに動物園や美術館、博物館もあるので選択肢が広いです。ファミリーにとっては井の頭公園より過ごしやすいかもしれないです。

代々木公園

場所代々木公園
最寄駅電車:東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前(原宿)駅より徒歩3分、小田急線代々木八幡駅より徒歩6分
おすすめ★★★★☆:人が多いけどややスペースあり。コロナ禍環境下では微妙だがスペース空けて座れる。
詳細これまた混沌としているが、アクセスの良さと広大な敷地面積でカバー。とりあえず座ってゆっくりできるので、年齢問わず休みながら十分楽しめるでしょう。

砧公園

場所砧公園
最寄駅電車:東急田園都市線用賀駅より徒歩20分
バス:用賀駅より東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車、小田急線千歳船橋駅より東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車
小田急線成城学園前より東急バス(都立大学駅北口行き)「岡本一丁目」下車
おすすめ★★★★★:座れるし、走り回れる。原っぱや遊具多数。コロナ禍環境下では微妙だがスペース空けて座れる。
詳細我が家も桜の季節かカブトムシの季節に、毎年1回は遊びに行くお気に入りの公園です。代々木公園と比較してファミリー層が多く、陸の孤島。
都心の方も、電車だけで行くのは厳しいですが、車やバスで行く価値がある公園です。広大な敷地があり、桜だけでなく色々走り回ったりボールを蹴ったり、ターザンロープなどの遊具で遊んだりできます。

目黒川

目黒川 池尻近く

場所目黒川沿い
最寄駅電車:池尻大橋駅(徒歩1分)と目黒駅(徒歩3分)を結ぶ4キロの川沿い。
おすすめ★★★☆☆(目黒側):中目黒と目黒の間に公園あり
★★★★☆(池尻側):駅前にカフェ、マクドナルドあり
コロナ禍ではすれ違う人が多く微妙。
詳細2019年の花見は目黒川沿いにしました。目黒から池尻大橋まで歩きましたよ。非常に距離が長いので小さいお子様は大変です。
こちらも千鳥ヶ淵と同様に歩いて楽しむところです。
芝で座れる公園もありますが駅から離れており、途中で休めるポイントは少ないです。池尻大橋駅近辺は駅の近くに落ち着いたカフェも桜もありますので、ファミリーはこちら側もおすすめです。
なお、更なる穴場として、246号線を渡った先(北側)に綺麗な遊歩道が続き、こちらの桜(トップ画像)もまた見事でした。何度かカルガモを見ましたよ。

子供(4歳)と目黒川の桜並木を縦断しました:おすすめお花見ルート2点 | 幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

江戸川橋~面影橋までの神田川沿い

神田川桜

場所江戸川橋~面影橋までの神田川沿いの桜並木
最寄駅江戸川橋駅下車すぐ~面影橋駅下車すぐ
おすすめ★★★☆☆(江戸川橋側):人が多いが、上図大滝橋まで行くと地元の方しかいない。
★★★★☆(面影橋側):人が少なく穴場
風流ですが、道が細いのでコロナ禍ではすれ違う人が多く微妙です。夜間も桜を楽しめます。
詳細目黒川と同様に川にせり出す桜を長い距離に渡ってみることができます。こちらはやや人が少なく、散歩がてら歩くだけでも非常に楽しい小道が続きます。途中、椿山荘もあり綺麗なお庭も楽しめます。歩く距離が長くなるので、お子様が歩く場合は3歳以上推奨です。

駒沢オリンピック公園

駒沢公園花見

場所駒沢オリンピック公園
最寄駅駒沢公園駅から徒歩10分程度
おすすめ★★☆☆☆花見客の数に比して、桜の数が少ないのでかなり密。遊べる施設は豊富。
詳細駒沢公園の駅から子供の足で10分ほど歩きますが、駒沢オリンピック公園も桜が見られます。
駒沢公園補助競技場の近くのマラソンコース沿いに桜並木がありますが、花見客の数に比して、桜の数が少ないのでかなり密です。このため、桜がまったくない場所に陣取っている方も多く、人のいないところで写真を撮ることも困難です。よって、こちらはコロナ禍環境下ではおすすめできず、公園へ遊びに行くついでと考えるぐらいが丁度良いでしょう。桜エリアから2,3分歩くとぶた公園というかわいらしい公園があり、子供たちでごった返していました。子供が退屈しないという点ではおすすめできそうです。

旧浜離宮恩賜庭園~増上寺~プリンスホテル近辺

浜松町から徒歩5分圏内に、名所がたくさんあります。
旧浜離宮恩賜庭園はJR浜松町駅、都営大江戸線大門のお隣、大都市の中にある閑静な公園です。入場に150円かかりますが、駅前に大きな公園がありますのでなんとも風流です。公園の大きな池にはたくさんカルガモがいて、彼ら?とともに桜がばっちりとれます。

浜松町から東京タワーに向かって歩くと、増上寺があります。由緒あるお寺の近くはぽつぽつと桜があります。たくさんあるわけではなく、その形というか、バランスというか、趣があり一句詠みたくなります。詠みませんが。

近くには東京タワーや広場もあり、レジャー的にもばっちりです。疲れたらすぐに帰れてアクセス抜群、年齢問わず。このあたりの何が良いかというと、オフィス街なので休めるお店が多いこと。オフィス街の土日は閑散として非日常を感じますが、変わらず開いているお店も多いです。

下図はプリンスホテル横の桜。なんとも美しくないですか?

プリンスホテル桜

 



スポンサーリンク

-お出かけ・レジャー
-, , , , , , , , , , , ,

© 2021 幼児教育と教材の効果を検証するブログ