幼児教育の効果検証

【9月19日・20日】全日本ピアノeコンクールで日頃の練習成果を披露しよう

スポンサーリンク

娘はコロナ禍でピアノのレッスンが受けられない状態が続いていますが、面白い企画を見つけました。

3密を避けた環境で審査され、小学生以上誰でも参加出来る安全なピアノコンクールです。
娘は年長ですので、残念ながら出場資格がなく、、残念

大会概要

ピアノ全日本ピアノeコンクール

予選:6月1日~7月20日 演奏動画受付
本選:9月19日(土)~20日(日) ピアノスタジオノア吉祥寺店

部門:
A級 小学1~3年生
B級 小学4~6年生
C級 中学生
D級 高校生
E級 大学生
F級 一般

こちら、年齢によりA~Fに部門を分け、それぞれ100組限定を予選で映像審査し、選ばれた上位25名が本選に出場できます。

コンクールは下記の通り、「公平性・透明性の確保」を重視しています。

  1. 審査員は、日本全国の優秀な演奏者・指導者より選抜し年齢や地域に偏りが無いように配慮します。
  2. 本選審査に際しては、1名の演奏に対し10名以上の審査員が審査し、最高得点と最低得点を1つずつ削除し、偏りを極限まで無くすように配慮します。
  3. 演奏番号による審査の偏りを無くし、何度でも演奏を確認する事ができるよう配慮します。
  4. 全ての方が演奏内容と審査結果を照らし合わせる事が出来るように、演奏映像と審査結果をwebサイトにて公開します。

WEBならではのメリットも享受できるコンクールと言えそうです。

コンクールの流れ

参加から本選までの流れは下記の通りです。

①エントリー

各級100名までです。
エントリーの入力後、参加費を支払った時点で受付完了となります。

②動画の提出(予選)

予選は動画を提出して行われます。

動画の提出は7月20日までです。
演奏曲はクラシックで、A~Fでそれぞれ制限時間が決まっています。

また、2020年4月2日以降であれば過去の動画でも良いとされています。
編集は不可で、撮影した一つなぎの動画を送るだけです。

撮影場所は自由で、譜面を見ずに演奏する必要があります。

③採点

上位50%がWEB上に公表され、上位25%は本選出場参加資格を得ます。
下位であっても点数はわかります。

④本選

本選はピアノスタジオノア吉祥寺店で行われます。

会場は無観客ですが、LIVE配信されるため、たくさんの人の前でピアノを披露することとなります。
本選は下記の通り、色々な可能性が広がります。

  1. 審査結果(入賞者の氏名、写真、採点結果等)は、HPにて掲載いたします。また、審査結果を新聞等マス・メディアに提供する場合があります。
  2. 当日のプログラムに参加者の氏名・学年等が記載される場合があります。
  3. 本選入賞者の学校には本部事務局より学校長宛に入選報告書を送付します。
  4. 優秀な成績を収めた方は、ほかのコンクールへの推薦、各種ご案内(入賞者記念コンサート、公開レッスン等)を送付することがあります。

費用

参加費用は下記の通りです。

  • A級 予選4,000円 / 本選8,000円
  • B級 予選5,000円 / 本選10,000円
  • C級 予選6,000円 / 本選12,000円
  • D級 予選7,000円 / 本選14,000円
  • E級 予選7,000円 / 本選14,000円
  • F級 予選7,000円 / 本選14,000円

支払いは銀行振り込みか、ペイパルによるWEB決済で行います。

このように、誰でも気軽に参加できるうえ、本選出場への敷居も低い点が特徴かと思います。

募集が100人であれば現段階でエントリーできるかわかりませんが、間に合えば
小学校以上のお子様でピアノを頑張っているお子様、いかがでしょう?

 



スポンサーリンク

-幼児教育の効果検証
-, , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ