4ページ絵本表

幼児通信教材・知育玩具

【1歳~2歳おすすめ教材】4ページ絵本の評価:七田教育研究所

2018年11月6日

スポンサーリンク

みなさまこんばんは。

今日は娘が1歳から2歳にかけてお世話になった、4ページ絵本のご紹介です。
七田に入ると推奨教材として勧められますが、3,000円程度(外部生でもネットで1割増程度で買えます。)と比較的安価です。

こちら、その名の通り、4ページで終わる超短編のお話です。
A4程度の厚紙を二つ折りにすると、4面できますが、それぞれの面に
お話があるイメージです。この特徴は下記のとおりです。

・安い。
・すぐ終わるので、飽きっぽい1歳児でも夢中になりやすい。
・2歳になりひらがなを勉強するころになると、自分で読むことができる。
・お話が幼児教育、情操教育を兼ねている。優しい気持ちになるお話が多い。

1歳児のお子様に読み聞かせしようとすると、途中で飽きてしまうことはありませんか?こちらは、すぐに1つのお話が終わるので、途中で投げ出すことがありません。

このようなお話が48話分たっぷり収録されています。

4ページ絵本 裏

2歳後半でひらがなを公文で勉強し始めると、自分で読むようになります。3歳になると4ページ絵本はめでたく卒業しましたが、長い間支えてくれました。

一例を挙げます。


「き」

木①

木②

木③

木④

なんだかほっこりしませんか?
窓から見える桜の木で実際の移り変わりを見ながら、このお話は何度も読みました。


「おおきくなったね」

おおきくなったね①

おおきくなったね②

おおきくなったね③

おおきくなったね④

自分が大きくなって成長していくことを教えるきっかけになりました。
ありそうでないシンプルなお話です。


さいごは「おやこ」

おやこ①

おやこ②

おやこ③

おやこ④

お父さんはどこ?という点を除き、親と子で違いがあることを学ぶきっかけになります。カブトムシを育てている際も、幼虫と成虫で違うということを説明しやすかったです。


いかがでしたか?

1歳~2歳前半ぐらいがベストかと思います。1歳ですとまだ興味を示さない可能性もありますが、必ず適当なタイミングが訪れますのでその時を待ちましょう。

七田式教材 4ページ絵本(48冊組)

七田式教材 4ページ絵本(48冊組)

3,520円(12/03 17:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>



スポンサーリンク

-幼児通信教材・知育玩具
-, , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ