小学校受験幼児教室

小学校受験

面倒見が良い・自己肯定感を伸ばしてくれる小学校受験塾

スポンサーリンク

小学校受験をする場合、通常塾通いは避けて通れないところです。

本来、塾や幼児教室はお子様の個性と相性良く、長所を伸ばしてくれる教室が望ましいですが、小学校受験では合格という結果ありきなのでなかなかその両面を満たす教室との巡り合わせが難しい所。

合格実績については度々記事でも挙げさせて頂いてますが、一定以上の実績を上げている教室については、あまり数字に意味がない側面もあります。これは実体験とブログ内のアンケート結果から感じるところで、難関校については多くの合格者が掛け持ちしています。一定の合格実績がある教室の中で、ご家族、お子様に合った良い先生と巡り合えることが必要と感じます。

そうなると、やはり幼児教室の総合力が大事になってくるかなと思います。
ペーパーに強い教室、行動観察に強い教室、運動に強い教室、面倒見が良い教室、個性を尊重する教室、フォローが手厚い教室などなど様々な教室があります。

この点、相性を判断する目安としては、お子様が幼児教室を楽しみにしているか否かがわかりやすいところです。

お子様が楽しいと感じていれば伸びていきやすいですし、楽しみでなければ、長時間の塾通いは苦痛でしかなく、口頭試問や行動観察の授業などでもお子様の表情に元気や笑顔が見られなくなり、本末転倒です。これが様々な側面で伸びていく要因となり自己肯定感の醸成につながっていきます。

但し、年中までは塾に慣れず初回の体験などで拒否反応を示すお子様も少なからずいらっしゃいます。そしてすぐにいなくなってしまうケースもあるのですが、最初は食わず嫌いのわがままである可能性もあります。大抵、数回ですっかり馴染みますので、この見極めは慎重にしたほうが良いでしょう。

幼児教室の通学は、慣れるに従い好きになっていくお子様が多いようです。更に成績が伴ってくると自信にもつながり、良い循環となります。我が家では幼児教室の講評を全て娘に伝えていました。やればできるとわかっていれば、幼児なりに、自分で改善するように意識するようになります。

教室との相性は親も同様で、受験を親子で楽しむ余裕があれば、子供に良い相乗効果を与えやすいです。
親も子供と同様ピシっとする必要がある教室もあれば、そうでない教室もあります。
気持ちを厳しく持ちたい方は前者が望ましいですし、自分を律することができる方は後者になるでしょう。

言うまでもなく、親のイライラや緊張感が子供に伝わってピリピリするのは望ましくないです。
最終的に受験当日の子供の緊張にもつながります。お子様はまだ緊張を感じるか感じないか、個人差がある時期です。

受験を楽しいものとしてとらえ、自分に自信をもって当日を迎えることができれば、緊張をプラスに変えて試験を迎えることが期待されます。

自己肯定感を伸ばしてくれる小学校受験塾6選

自己肯定感を伸ばしてくれる点、面倒見が良い点を基準に、おすすめの小学校受験塾をご紹介させて頂きます。

1.伸芽会

ジャックと並ぶ2大幼児教室。受験者がメインに選ぶ幼児教室として当ブログアンケート一位。
願書添削など制限なく、一人一人のフォローが手厚い。メインの教室があり、その教室内では人気の講座も優先して予約できる。本年はコロナでなかったが、通常は月一回で参観、それ以外は非参観。進度はペーパーはややゆっくりめ。
行動観察の指導のレベルは先生によるところもあるが、総じて高く、伝統校に強い。

多くの学校で取り入れている、正答や順位に応じて物をあげたり表彰する仕組みをしていない。合格へ向けた取り組みとしては善し悪しだが、幼児教育としては尊重すべき存在。

2.ジャック幼児教育研究所

例年HPで開示する合格者数は総合No.1で、小学校受験を代表する存在。
入会金が安く、伸芽会より掛け持ちしやすい。学校別で教室が分かれ、ジャック内の複数掛け持ちも多い。
ペーパー、行動観察、運動などレベルの高い授業が行われ、募集を早期に締め切る傾向。

全参観型で、総じて保護者に好評。願書添削などは制限があり、システマティック。
適度に競争を取り入れ、伸芽会よりも合格に向かってまっすぐ向かっていく印象。

3.理英会

とんちゃか理英会自由が丘

神奈川の受験合格実績No.1で、ZOOM対応など保護者にニーズにいち早く対応し、厳しさと優しさを併せ持つ。
授業の配布物も見やすく、復習しやすい。先生はニックネームで呼ばれ、親しみやすい。
2021年の神奈川小学校受験の合格実績も上昇傾向。

4.こぐま会

こぐま会 吉祥寺

教室数が少ないものの女子伝統校に高い実績あり、学習書籍は理英会と並んで充実。
幼児が備えるべき品性、お行儀、思いやりを大事にする。

5.スイング幼児教室

スイング幼児教室

3教室ながら、慶應、早実、洗足など、難関校で大手に並ぶ実績。
総じて厳しく、親も子も強い心構えが必要となる。
試験結果は常時張り出され、競争にさらされるが、競争を通じて合格を勝ち取るスタンスは明確でわかりやすい。

評価が分かれ、面倒見が良いというイメージの教室ではないが、塾を信じて一生懸命ついてくる家族には手厚いという評判も根強い。

6.チャイルドアイズ

チャイルドアイズ

経営母体が大きく、合同説明会、学校情報が充実。受験だけでなく知育もフォロー。
国立小学校の他、幅広い学校で合格実績上昇中だが、私立難関校ではまだ実績が少ない。

教室によっては少人数で小学校受験対策が受けられる。
また、大手教室では授業後の個別フォローが受けにくい場合があるが、こちらは毎回話すことができる。
家庭へのフォローが手厚く、家庭と子供、両者に対して優しい。



スポンサーリンク

-小学校受験
-, , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ