おすすめ記事 小学校受験

東京個別指導学院は幼児・小学校受験も対応:オンライン対応・自習室もある個人塾

スポンサーリンク

東京個別指導学院という塾、聞いたことがある方が多いと思います。
全国260以上の教室があり、ベネッセグループで全国展開している個別学習塾の最大手の一角です。大学受験まで広く対応し、受験合格実績も全体として右肩上がりです。

こちら、ホームページを見ると、どう見ても対象が小学校以上のように見えますが、実は多くの教室で幼児対応で、更に教室によっては小学校受験も対応しています。

授業は基本的に1対2、または1対1で進める家庭教師に似た学習スタイルです。

こちら東京個別の小学校業界での評判は簡潔に言うと、先生のレベルは高く、質も良いが、金額は平均より少し高めな個別対応塾です。しかし高めと言っても、小学校の学習塾は時間当たり単価が低いので、小学校受験と比較するとかなり安い。。

費用

ご存知の通り、小学校受験塾は、非常に高額で、年長ですと、平均1時間1万円程度の費用がかかります。
東京個別であれば、50分単位の授業になりますが、単価にして半分~3分の1程度の費用で済みます。この金額は教室によって異なり、週1回~7回と、数を増やせば単価が下がっていく料金システムです。

自習スペース

そして、大きな特徴が自習室が無料で使える点です。この自習室は授業がない日も来て良いそうです。
教室見学させて頂きましたが、自習スペースは全てブースで仕切られており、静かな環境で学習できます。

つまり、平仮名が読めて自学自習できる年長であれば、当ブログでもお勧めしているひとりでとっくんなどの自習用問題集を用いて、ガラガラの時間帯に予習したり、幼児教室後に勉強して帰ることもできるわけです。教室数が多いので、東京では小学校受験塾が集まる街にきっとあります。
常時チューターが常駐しており、簡単な質問であれば授業時間外でも教えてくれるそうですよ。

いわば、学生に混じってついでに可愛がって教えてくれるような形になるでしょうが、
このようなシステムがある小学校受験塾は、少なくとも大手ではないはず。

小学校受験・既存の塾との相性

大事なのはまず講師の質につきます。教えるのが上手な講師に出会えたら非常にラッキーですね。
教材は教室にもありますし、幼児教室教材の持ち込みもOKです。

実際は、行動観察や特定の学校の情報も欲しいところですから、こちらはあくまで既存の幼児教室に加えて、プラスαでペーパーで差をつけるための塾と考えた方が良さそうです。

小学校受験塾と比較して異質なのが、直前の振替でも対応できる点です。
こちら、部活動の都合などを踏まえて柔軟に対応できるように配慮しているようです。

冬の間にペーパーを固めるのは受験の定石ですから、幼児教室の帰りに自習室も活用して、しっかり復習して帰るパターンを定着させれば、小学校受験塾に週に3回も4回も通わなくとも、費用をおさえつつ十分な勉強時間確保ができると思われます。近隣であれば、毎日行けますね。

オンライン

また、この冬はコロナも心配ですが、東京個別ではZOOMを用いたオンライン授業にも対応しています。
スマホ・タブレットも可能ですが、通常はPC対応になるでしょう。
コロナを常に意識した冬になりそうですから、必要に応じてオンラインを併用すれば安心ですね。

-----------

我が家は小学校向けの方ですが、無料体験に行ってきますのでまたレビューします。

娘の場合、公文を取り組んでいた関係で、算数・国語はそれなりに先取りしています。
通常の学習塾ですとまだ物足りず、かといって何もしないと一気に追いつかれてしまうので、マイペースでどんどん先へ進めていければと考えています。

幼児の対応可否は、HPで資料請求時や費用確認後、教室選択時に幼児が選択できれば幼児も対応していることがわかります。
ご自宅近くや、メインの幼児教室の近くに教室があれば、一考の価値ありです。

 

 

 



スポンサーリンク

-おすすめ記事, 小学校受験
-, , , , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ