元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

七五三法要

わさびの日記

【東京】七五三やお宮参りでおすすめの増上寺:徳川家ゆかりの写真撮影できる人気のお寺

更新日:

皆さまこんばんは。

3歳の七五三法要で、増上寺に行ってきました。増上寺は東京タワーの隣にあり、七五三等節目のイベントで非常に人気の高いお寺の一つです。こちら、0歳の時、お宮参りでもお世話になりました。0歳の時は外へ出歩く経験もまだ少ない時期でしたから、3年の成長を感じます。

増上寺の最寄り駅は色々ありますが、港区の都営三田線の芝公園、都営大戸線の大門と赤羽橋が近いです。
お寺は東京タワーのすぐ隣です。

こちら、車で行く場合は隣接する東京プリンスホテルで昼食予約を取れば、駐車料金が無料になります。
増上寺はすぐですので、非常におすすめです。

増上寺は徳川家の菩提寺として、この芝公園の地で400年以上の歴史があります。増上寺には、徳川二代将軍秀忠や江姫、家宣、家継、家重、家慶、家茂など歴代将軍の墓所があることで有名です。定期的に公開もされています。
江姫は7年ほど前になりますが、NHKのドラマで話題になりましたのでご存知の方も多いと思います。

七五三が11月15日にお参りするとされているのは、江戸時代の5代将軍、徳川綱吉が跡取りの儀式をこの日に行ったことがきっかけと言われています。縁深いですね。

増上寺は格式高い寺なのに居心地良く、非常におすすめです。
今回、申込から当日の内容までお話ししたいと思います。

増上寺の七五三法要の申し込み

七五三法要の申し込みの申し込み方法は簡単です。

①増上寺のHPより指定のフォーマットに必要事項を記入し、FAXかメールで申込。

空きがあるか事前に電話するとスムーズです。
http://www.zojoji.or.jp/event/ev_753.html

一日に数回やってますが、定員になると申し込めなくなります。早めに予約しておきたいところです。

②当日、直接増上寺の安国殿へ。

安国殿は下図②です。

増上寺地図

写真ですと上記のとおりです。メイン大殿の隣で、行ってみると迷うことはありません。
しかし、事前にネットなどで情報がないので、初めて行く多くの方はチェックをお勧めします。

下図が写真で、右側が安国殿です。後ろに見える東京タワーとのアンバランスさが一つの見どころです。

安国殿

③安国殿に入ってすぐ右の受付で1万円支払います(お宮参りなど他の法要でもここで支払います)。

④開始時間の10分ほど前になると、奥の広間に入れます。1日3回ありますが、土日祝ですと、毎回概ね10人程度参加者がいるようです。繰り返しになりますが、人気の日程であればお早めに!

七五三法要の流れ

七五三法要の内容を簡単にお話しします。
各行事の正しい言葉がわかりませんので、その点ご容赦ください。

僧よりお話
・増上寺のお話
・七五三のお話
・お約束(明るく、正しく、仲良く)

今後の健やかな成長を願って、僧が一人ずつお水を頭にちょんちょんとつける。

念仏(家族ごとに阿弥陀如来にお参り)

御札・御念珠・御守・千歳飴をもらう。(下図)

家族ごとに記念撮影。

ここまで凡そ30分余りです。
増上寺で良いのは、基本的に写真撮影がOKなことです。家族は両側のスペースから撮影することができますので、親戚や祖父母の方がいれば、全てを録画することもできます。

また、最後に、手持ちのカメラで公式に、参加者全員で写真を撮ってくれます。格式高いお寺なのに、このあたりは大らかで、多くの方がここでファンになります。

参拝にあたりもらったのは下図の通りです。これで一万円です。
日本を代表するお寺ですので、個人的にこれは安いと思います。
なんせお受験教室一回分以下ですから、、

増上寺 参拝記念増上寺 千歳飴

増上寺でもらった七五三数珠

今日一日で、七五三について色々なことを教える機会になりました。これも立派な幼児教育かと思います。次は7歳まで着物をきることがないと思うと寂しいですが。

最後に、、娘と増上寺で写真を撮っていたところ、中国人の撮影会が始まりました。一人が撮るとドドっと10人ぐらい続いてびっくりしました。子供が着物姿でいるのが珍しかったようです。

ただ最初の方はいきなり撮るわけではなく、ちゃんと撮っていいか聞いてきましたので、中国人のマナーも一昔と比べると良くなってきていると感じました。

撮影会

お日柄よく、気持ち良い一日でした。

なお、写真・動画撮影は個人撮影のfotowaでお願いすると、枚数に制限なく、雨天時キャンセルも柔軟で安心です。
七五三の写真撮影をお探しなら 出張撮影のfotowa(フォトワ)

 

 

 



-わさびの日記
-, , , , , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.