ブログ秋_アイキャッチ用拡大

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/5

年長は勝負の夏休み!小学校受験直前期、夏期講習と自宅で一日何時間勉強する?

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/4

【小学校受験】個人指導対応の体操教室:マンツーマン費用比較

Twitterツイッター

おすすめ記事 幼児通信教材・知育玩具

2020/8/4

ツイッターで人気の幼児向け知育玩具をご紹介

公文オブジェ2020

【5歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事

2020/8/4

【公文】高進度部門のオブジェを3年連続で(なんとか)貰えました

おすすめ記事 小学校受験

2020/6/16

【小学校受験】私立・国立小学校情報満載のおすすめ本

おすすめ記事 小学校受験

2020/6/17

【小学校受験】学研のオンライン家庭教師継続中レポ(通学との比較、費用、効果)

幼児知育教材診断・比較

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具

2020/7/12

【ベビー・幼児】人気の知育通信教育・デジタル教材:おすすめ診断と年齢別比較

ワンダーボックス教材相関図

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事

2020/7/29

WonderBox(ワンダーボックス)継続中!教材とアプリ、知育効果と評判をわかりやすく解説します

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/12/12

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具 幼稚園受験

2020/5/24

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としてもおすすめ:3月末まで無料教材配布中!

幼児教育の効果検証

【通信教育教材】スマイルゼミが幼児コースを始めました(現年少~年中)

小学校の通信教育で、進研ゼミやZ会と並んで人気のスマイルゼミが、幼児コースを開設したようです。

通常ならそれほど驚くことではないですが、今回の特徴は、本格的なタブレット学習が幼児で体験できることです。

私は先日のブログ、タブレット学習の効果で、タブレット学習については自らの経験がないため、紙と比べた学習効果の比較をして、その成果のほどを確かめる必要があるとお話しました。

この判断は小学校で迫られると思っていましたが、幼児の間で体験できることとなります。また、小学校ですと、ここで判断を誤ると後で取り返しのつかないことになりますが、幼児ですと、まだ色々な教材を試行錯誤できます。

このため、タブレット学習の先取りとして一度試してみようと思います。

教材をざっと調べたところ、対象、費用、特徴や費用は下記の通りです。

対象:新年中、新年長(現年少、現年中)
費用:月額2,980円(税抜)+開始時タブレット代9,980円(分割払い980円×12か月)

特徴
・タブレットが「今日のミッション」として、下記の色々な分野を指定し、バランスよく勉強できる。


・文章読み上げ機能(書いているときに読んでくれる。)
・終わったらすぐに採点
・字が汚かったらすぐに指摘

スマイルゼミ ひらがな
・ペンの持ち方指導
・オプション講座でより進んだ英語の先取りも安価で受講可能(小学校中学年相当)
・1日15分程度の毎日継続を想定


これまでは本格的な学習教材としてのタブレットは幼児ではありませんでした。幼児では楽しみながら勉強する必要がある一方、多くのご両親には、より実践的な勉強がしたいというニーズがあるかと思います。

また、実際はどのご家庭も時間は有限ですので、例え習い事が多くても、得意分野苦手分野は出てきているはずです。一つでも二つでも遅れている分野が見つかれば、弱点克服できます。

こちら、こぐま会のように、年中で年長の教材が先取り学習できるのかはまだ不明ですが、少なくとも英語では数百円のオプション料金で可能のようです。
英語は安価で時間制限なく学習できるので、質が良ければ有力な幼児英語教材の一つになりそうです。




-幼児教育の効果検証
-, , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ