【小学校受験】今どきの共働き比率は?(アンケートあり)

近年、私立小学校の間で共働きに関する理解が広がり、アフタースクールに力を入れる学校は毎年増えています。

間違いない情報として、都内の学校で共働きであれば合格しない学校はありません。
しかしながら、小学校によっては伝統的に親の負担が重く、合格・入学後に共働きであれば学校生活が大変というケースはあります。

共働きのご家庭に注目頂きたい志望校の判断基準は大きな所では下記の通りです。

明確にわかるもの
・アフタースクールの有無・・伝統校は少ない傾向。
・給食の有無・・私立の朝は早く、お弁当になるともっと大変。
・スクールバスの有無・・毎日の送り迎えに関わるので大きな影響。
明確な記載がないもの
・保護者の参加比率・・国立は大変、私立は学校により差が大きい。
・急な呼び出し、電話の対応・・私立、国立ともに結構あり、校風による。

それぞれ相性の良い学校を受験することで、学校生活も有意義になると思われます。
私立の場合は学校を理解して受験するので入学後の齟齬は少ないですが、国立の場合は参入障壁が低く、出願してみたら合格したというケースも多いので、入学後に大変と感じるご家庭も多いようです。

共働きにおすすめのアフタースクールが充実している私立小学校(東京・神奈川・埼玉・千葉) | まなのび:幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

小学校受験においては受験時のお母様の状況が千差万別と感じますので、久々にアンケートを掲載させて頂きました。
時間をおいて比較することで世の趨勢がわかると思いますので、宜しければお気軽にどうぞ。

下記リンクから他のアンケート結果も閲覧できます。

【アンケート】2021年度の小学校受験を経験された、又は今後受験予定のお母さまに伺います。受験時のお仕事の状況について、宜しければ教えてください

View Results

Loading ... Loading ...

2022年度の志願者動向アンケート
【アンケート】2022年小学校受験アンケート:今年の志願者数はどうなる? | まなのび:幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

昨年のアンケート集
小学校受験を経験された方向けアンケート | まなのび:幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

小学入試情報2022

小学入試情報2022

教育図書21
3,300円(09/26 09:47時点)
Amazonの情報を掲載しています
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる