筑波大附属高等学校への小学校からの内部進学は難しい?悠仁さまが合格した提携校進学制度とは

2022年2月16日、宮内庁は、秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまが、筑波大学附属高校に進学される旨を発表しました。
悠仁さまは、2月13日の入学試験(学力検査)を受験されていますが、お茶の水女子大附属中学と筑波大学附属高校との間の提携校進学制度に出願し、入学試験を受験されたと宮内庁より公表されています。

目次

提携校進学制度とは

提携校進学制度とは、お茶の水と筑波の間で、進学時に相互に進学できる制度で、お茶の水から筑附高への進学は若干名とされています。現状は2017年から2022年の5年間の時限措置ですので、悠仁さまを巡る思惑が取りざたされるのもやむを得ないところでしょう。

このため、悠仁さまは入学試験を受験しているものの、合否評価は一般と異なり、学内レポートなど推薦により決定されています。

悠仁さまはお茶の水女子大学附属小学校から中学校にに内部進学されていました。
報道では農大一高の受験も噂されていましたが、現状は受験のお話は聞こえてきません。筑波大学附属の場合は東大を見据えた報道も多いですが、可能性はありそうです。

筑波大学附属高校のアクセス

最寄り駅は茗荷谷ですが、中学・高校はお茶の水女子大附属キャンパスのお隣にあり、小学校とはやや離れています。
茗荷谷の駅前は非常に多くの学生や社会人で賑わっていますが、学校周辺は学生ばかりの閑静な街並です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる