なぜ幼児教育を大切と考えているか

わさびとまるこ

皆さま、何かしら目的を持って、お子さまに小さい頃から習い事をさせていることと思います。

我が家の場合、自分自身の意志で何をやりたいか考え、実行できるようになることが子育ての目標です。

ここで、将来正しい判断(合理的な判断)をしてもらうためには、それだけの地頭、忍耐、体力、財力、人間性、人脈、社会的地位が必要と考えます。

現時点でそれを育むことができるのは、地頭、忍耐、体力、人間性であり、ここで努力することで、将来の財力、人脈、社会的地位につながると信じています。

幼児教育が必要か?という議論をよく見ますが、私はこの議論にはあまり興味がないです。地頭、忍耐、体力、人間性を育む一手段が適切な幼児教育であり、その手段は一つではないはずだからです。

幼児教育などなくても賢い育つのは当然の事実、幼児教育を施しても誤った手段であればうまくいかないわけで、この議論は終わらないと思います。

結論として、私は幼児教育を、意思決定能力が未熟な幼児期に、教育を正しく施して将来自立した子供に育てることと定義し、これを考えることは子供にとって大切なことだと考えています。

この過程で、これを見てくれている皆さまにも、知らなかった!役に立った!という情報を提供できれば嬉しいです。

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる