まなのび:旧幼児教育と教材の効果を検証するブログ

データで調べる本当に綺麗な水の海水浴場ベスト20:穴場おすすめは徳島南部

徳島県海陽町大砂海岸

いよいよ夏本番、海水浴のシーズンに本格的に入りました。

海水浴はお子様にとって楽しく、運動にもなり、また勉強にもなるまたとない機会です。
特に幼児期は、ひと夏に一度ぐらいは行きたいものです。

8月1日付のダイヤモンドオンラインで、環境省が集計した水質データに基づいた水質ランキングが公表されました。
海は見た目が綺麗でも、水が綺麗かどうかは本当のところわかりませんので、非常に興味深いデータです。

下記は水の汚れを示す化学的酸素要求量を用いて、全国800超の海水浴場をCODが少ない、すなわちきれいな水質順にベスト20を並べたものです。AAとAは環境省による水質の格付けです。

水質ランキング

数値が明確に出ている以上、やや乱暴な表現になりますが、下記の0.5~0.8程度の水質の違いはそれほど大きくなく、どれも綺麗と言えるでしょう。面白いのが、いくつか同じエリアで複数ランキングされており、いくつかの地域に集約できる点です。

  • 沖縄エリア
  • 静岡沼津エリア
  • 東京都離島エリア
  • 徳島エリア
  • 宮崎エリア

これ以外は、スポットで秋田、京都、石川、広島、横須賀でランキングされています。
上位で複数ランキングされているエリアは広範囲に渡って綺麗な水質が期待されます。

この点、沖縄と東京の離島は水が綺麗なのは当然で、行くにもそれなりの労力がかかりますね。
近場では静岡県沼津が上位ですが、これは駿河湾が非常に深く、水の回転が早いことが原因のようです。
宮崎も海水浴場で有名ですが、意外なのが徳島です。今回、あまり聞かない徳島の海水浴事情にスポットを当てたいと思います。

目次

徳島阿南~海部の海水浴場は、海水浴客が少なく、水が本当に綺麗

徳島が3エリアランキングしていますが、それぞれ北から阿南市、美波町、海陽町とそれほど離れていません。
阿南は東京から直行バスが出るほどの町ですが、人通りも少ないのんびりした田舎です。
そこからさらに南へ車へ行くと、一気に町が村に変わります。

下記は徳島県海陽町の大砂海岸です。
こちら、徳島の牟岐線の終点、牟岐より更に数キロ南下したところにあります。
下図真ん中の肌色部分が大砂海岸です。

大砂の記事を書くのは恐らく、私一人ではないでしょうか。
なぜなら本年2019年7月15日、海の日に行きましたが、人がほとんどいません。
一昨年、8月20日ごろにも行きましたが、やはりほとんど人がいませんでした。

徳島県海陽町大砂海岸

正確には、人がいないというのはやや大げさで、夏場暑い日の日中は人が来ますが、
地元の人しか来ないので、人が少ないのです。2時間滞在して、地元の方らしき家族が一組来ました。
我々と合わせて客は二組です。

今回「水質がきれい」ということで全国ベスト10内にランキングされたからといって、増えるわけでも
ないと考えます。とても良い海ですが、地味で、いかんせん遠すぎるからです。本当に秘境。

折角ですので、下記にて波の音をどうぞ。

あまりに人がいないのですが、このあたりの国民性は穏やかで、人に優しい特徴があります。
海部周りは、大らかな人が多く、自殺率が全国的にも非常に低い点で有名です。楽観的なのか。
いつ来ても大抵プライベートビーチを楽しめるので、波の音を聞きながらボケっとするのも贅沢な時間かもしれませんよ。

うまく言えませんが、何か嫌なことがあった時も、ここへ来れば悩みが和らぐことがあるかもしれません。

徳島大砂海岸2

一言付け加えておきますと、お盆以降はややクラゲが発生しやすい地域となっています。
海水浴は早い目が良いですね。

また、一昔と比べると減りましたが、カニもその辺をうろついています。東京ではあまり見かけない光景なので、お子様が見たら喜ぶでしょうね。岩場で魚も取れますよ。


 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる