公文STEP3

幼児通信教材・知育玩具

【0歳~1歳】くもんのおすすめ知育玩具・おもちゃランキング

2019年8月12日

スポンサーリンク

今日は0歳~1歳の赤ちゃんを対象に、くもんの知育玩具のご紹介をします。
くもんの知育玩具は、おもちゃ屋に行けば目にすることが多い人気教材ですが、種類も豊富です。
中には、30年以上前に私も使っていた古い教材もあります。

0歳~1歳のファースト知育玩具で気をつけたいこと

くもんの知育玩具は、全体として、品質が良いということが特徴です。
また、希望小売価格はそこそこの値段ですが、ご存知の通り、ネットで買えば安く手に入ります。
実売価格は結構安いのでお買い得なものが多いです。
公文は教材の目的意識がはっきりしており、将来を見据えた幼児教育を行いたいご家庭に人気です。

一方、気をつけたい点もあります。
一人目のお子様の場合にありがちと思われますが、早期教育を意識しすぎて適正年齢を誤ると、お子様が興味を示さずお蔵入りになってしまう恐れもあります。私も失敗したことがあり、購入後1年ぐらい経って、ようやくやり始めたこともあります。

場合によっては嫌いになってしまう恐れがもあります。
このため、月齢を考慮した購入時期には注意が必要です。

それぞれ知育玩具には適正年齢が表示されていますので、下記にも全て記載しておきます。
購入の際は参考にしていただければと思います。

0歳~1歳のオススメランキング

1位:くもんのジグソーパズル STEP0~STEP1

STEP0はじめてのパズル はめ絵(推奨年齢1歳) 希望小売価格2,484円
STEP1だいすきどうぶつ(推奨年齢1.5歳)希望小売価格2,484円
STEP1あつまれのりもの(推奨年齢1.5歳)希望小売価格2,484円

超おすすめの定番です。
パズルは、どのような道を歩んでいくにしていも、避けては通れない分野の一つです。
最終的に突き詰める必要はなくても、苦手にしたくないところです。

本教材は細かくレベル分けされており、スモールステップ方式でSTEP0のはめ絵、STEP1の2ピースから無理なく始められます。
はめ絵は他でもよく見ますが、2ピースや4ピースのパズルはありそうであまりありません。ピースがとても固くて大きいので、傷まず何度も使えます。

安価ですので、1歳になったら是非買ってあげましょう。
推奨年齢は上記の通りですが、はめ絵に関しては0歳でもできます。
STEP1はどうぶつとのりもの、どちらでも構いませんが、1歳になってからの方が良いでしょう。
その後、興味を持てばどんどん先へ進めていくことが可能ですので、差がつく教材です。

娘は標準的なスピードと思いますが、3歳になったころでステップ3を自分でできるようになりました。

公文STEP3

くもんのジグソーパズル STEP0 はじめてのパズル はめ絵

くもんのジグソーパズル STEP0 はじめてのパズル はめ絵

1,373円(12/04 11:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

くもんのジグソーパズル STEP1 あつまれ のりもの

くもんのジグソーパズル STEP1 あつまれ のりもの

1,573円(12/04 11:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

くもんのジグソーパズル STEP1 だいすき どうぶつ

くもんのジグソーパズル STEP1 だいすき どうぶつ

1,573円(12/04 05:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

2位:磁石すうじ盤30

推奨年齢:1.5歳~ 希望小売価格4,104円

私が子供の頃にもあったすうじ盤の入門者向け教材です。
よく公文教室にも100までのものが壁掛けされています。

こちら、磁石で数字をくっつけていくだけのシンプルな構成ですが、自分の手を使ってどの数字か確かめることができるので、
壁に貼るポスタータイプの数字より有用です。10ごとに色が変わりますので、最初は10まで、次は20までと、スモールステップ方式で進められます。

このすうじ盤は、我が家は買うことが決まっていたので0歳のうちに買ったのですが、最初はさっぱりでした。
月齢や能力の個人差はありますが、焦らず1歳になってからのご購入をお勧めします。
数字のポスターを買われるのであれば、どうせなら磁石版をお勧めします。。

くもんの磁石すうじ盤30

くもんの磁石すうじ盤30

3,950円(12/03 16:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

3位:くるくるチャイム

推奨年齢:10か月~ 希望小売価格4,320円

こちら0歳児から使える人気商品です。
手を動かし、掴めるようになった乳児にとって、ボールが転がる動きは非常に楽しいものです。

こちらは、自分で好きなボールを掴んで、上の穴から入れると、
くるくるらせん状に回って、下の穴から出てきます。やっとつかめるようになったばかりの赤ちゃんは、物を穴からいれることも
大変ですので、巧緻性の練習になります。また、ボールが上から下へ回りながら落ちるのを追うので、目のトレーニングにもなります。何より楽しいことが売れている秘密でしょう。

くもん くるくるチャイム (リニューアル)

くもん くるくるチャイム (リニューアル)

2,880円(12/04 11:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
NEW トントンくるりん

NEW トントンくるりん

3,558円(12/04 11:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

4位:くろくまくんの10までかぞえてバス

推奨年齢:1.5歳~ 希望小売価格4,104円

10までの数字を楽しみながら勉強できるおもちゃです。すうじ盤と併せて利用すると良いでしょう。
くもんの人気キャラクター、くろくまくんの顔のバスに、お友達の顔が書いたボールを載せると、数字を教えてくれます。
こどもちゃれんじでも似たようなバスの形をした教材がありますが、こどもはバスが好きなので結構はまります。

バスを動かすと、出発しま~すとか、止まりま~す、とか、今何個載っているとか教えてくれます。
比較的新しいので知名度はまだないですが、おすすめのおもちゃです。

くもん くろくまくんの10までかぞえてバス

くもん くろくまくんの10までかぞえてバス

2,264円(12/04 11:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

5位:はじめてのソフトパズル

推奨年齢:1.5歳~ 希望小売価格3,456円

こちら、巧緻性を養うためのファーストパズルです。
ポリエチレン素材のパズルですので、赤ちゃんにとって扱いやすい柔らかさです。
やっていることははめ絵に近いのですが、分厚いので、押し込んだ時に達成感があり、赤ちゃんにとってジグソーより楽しさを感じる教材です。

レベルは高くありませんが、3歳ごろまで長く使うことができる教材です。

くもん はじめてのソフトパズル

くもん はじめてのソフトパズル

2,236円(12/04 11:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 



スポンサーリンク

-幼児通信教材・知育玩具
-, , , , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ