元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

【3歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)

公文式 経過報告その⑧算数

更新日:

進度:2A101~110    年齢:3歳6カ月

算数は9月末までの目標に達しました!

次の12月末の目標が適切な設定かわかりませんが、次回も達成できれば、
机上の計算では小学校で高校数学まで終わらせる一つの自信になりそうです。

ようやく2Aも後半戦です。○+7を中心に計算練習が中心です。
流石、公文。100を超えても内容は派手に変わりません。堅実に少しずつ、繰り返し。
勉強のスタンスとして、同じことを繰り返すことは非常に重要なので、この考え方は支持します。

他のブログを見ていると、3歳ですと既に公文を始めているご家庭は多いですね。
この子は字が綺麗だな~とか、そのブログの書き方一つで見ても、パパ、ママのスタンスが滲み出てきて、教わるところがたくさんあります。

わが娘も進んでいるほうと思っていましたが、上から目線で語るほどの差ではなさそうです。恐らく、3カ月程度さぼってしまうと、先に始めた貯金は一気に埋没してしまうでしょう。

公文はどこかでスランプもあるはずなんですよね。私も嫌でしたよ、週2回行くのは。
いかに継続させるようにするかが長期的なキーと考えています。

 

 



-【3歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2020 All Rights Reserved.