元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

幼児英語

そろそろ幼児向けのオンライン英語をやってみよう

更新日:

と思います。

これまで、自宅ではアルクのエンジェルコース、あと幼児英会話教室をちらほら、といった感じですが、我ながら週一の英語は否定派です。

前回の体操教室の運動能力のお話に通じるものがありますが、これは英会話教室が駄目というより、週に一回のみしか英語に触れない点を問題と感じています。

日本の幼児が週に一回英語に触れたところで、その前後で自分で英語に接する機会がなければ話せるようになるわけがない。在園中に果物や動物を英語で言えるようになって、○○ちゃん凄いね~とか言われるような状態は避けたいです。

私自身もかつていまひとつ冴えなかった頃、オンラインの英語をやったことがあります。私が思うオンラインのメリットは下記の通りです。

・朝や夜など、時間を柔軟に選べる。
・通学の時間が省ける。
・一回当たりの単価が安い。
・直前でも予約を取って始められる。
・オンライン対応なので、始めやすく、辞めやすい。
・遠慮なく良い講師が選べる

デメリットは実はあまりないはずですが、直接話さないと身が入らない、、、と思っている方は向かないかもしれませんね。気持ちの問題と思いますが。

フィリピン人中心の英語の質はピン切りですが、講師が選べるので、人気講師を選べば問題は生じません。限られた英会話教室の中でのクローズドな環境より、オンラインでの環境で人気講師を選んだほうが、平均的によりよい講師が見つかります。

本ブログでもいくつか紹介させていただきましたが、幼児向けで対応している中で、どのスクールがいいかよく考えて申し込もうと思います。私が重視しているのは下記の通りです。

・全体的に講師の質が高い(採用基準が高い)。
・子供が安心して取り組めそうなサイトか。
・英語を一から勉強するカリキュラムがあるか。
・直前でも予約は取れそうか。

オンラインは遠慮なく辞めれますので、柔軟に対応して、よりよいオンライン英会話教室が見つかればと思います。

 

 



-幼児英語

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2020 All Rights Reserved.