昭和女子大学附属小学校

小学校受験

昭和女子大学附属昭和小学校の特徴と倍率:クレジットカードで入学手続きできる私立小学校

スポンサーリンク

今日は共働きに優しい学校、昭和女子大学附属小学校のご紹介です。

昭和女子大学は東京都世田谷区の三軒茶屋からやや歩いた246沿いにある私立小学校です。
幼稚園はこども園として有名で、女児であれば大学まで内部進学することも可能です。

トップの見出しでクレジットカードと記載していますが、昭和女子大学附属小学校は、2万円の検定料と合格後の入学手続きで振込む30万円につき、なんとクレジットカードで支払が終了します。
ここで言いたいのは、ポイントがつきます!という小さなお話ではなく、入学にかかる手続きが簡素化された点です。

どの小学校も、通常合格通知後、ほとんどが翌日には入学手続きとともに入学手続きにかかる費用の振込が必要となります。
多額の金額が必要となるばかりでなく、面倒なのが指定の銀行へ行って指定の時間に、という昔ながらの慣習が残っています。

合格というおめでたいイベントに付随する出来事なのであまりやり玉には挙がりませんが、このご時世非常に無駄な行動です。

この点、クレジットで支払いだけサクッと終わらせてしまえば、昭和小学校では入学手続きは2日の猶予があります。

この点から見ても、昭和小学校は時代の流れに応じて、受験生に本当に配慮した学校として保護者からの評判も高いです。
時代に即した変化がある学校と、そうではない学校に二極化していると感じますね。
どの学校も時代の流れに柔軟に対応するとか、そのようなフレーズは非常に好きですが、このような点、変わらない学校が未だ多いと感じます。

昭和女子大学附属昭和小学校の倍率と進学

昭和女子大学附属小学校

昭和小学校の志願者と倍率は上記の通りです。
直近ではこども園の人気を反映して、上昇基調です。
近年こども園の存在も広く認知されつつあり、昭和小学校は緩やかに人気が上がっていくのではと推測します。

昭和小学校の進路は男子は中学受験、女子は概ね8割が系列の昭和女子大学附属昭和中学校に進学します。

男子は中学受験や公立進学をすることとなりますが、筑駒、慶應などの最難関校も含み、良好な合格実績です。
女子が内部進学する昭和中学の中学受験偏差値は、四谷大塚の偏差値で概ね40程度と高くありません。中高一貫のため高校の募集はなく、凡そ4割が昭和女子大学へ進学し、その他ほとんどは大学受験します。大学受験組では上位15%~20%が国公立と早慶上智に進学します。ざっと大学受験組の半分はMARCH以上に進学すると考えてよいでしょう。

 

 



スポンサーリンク

-小学校受験
-, , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ