元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

小学校紹介記事用

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験

2019/11/5

【幼稚園受験・小学校受験】合格されたら是非ご一報を

おすすめ記事 わさびの日記

2019/10/1

【幼児~小学生】子供のお年玉の相場はいくら?

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/10/5

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験 教材比較・検討

2019/10/18

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としても効果あり:消費税増税後も費用据え置き

公文STEP3

おすすめ記事 教材比較・検討

2019/8/13

【0歳~1歳】くもんのおすすめ知育玩具・おもちゃランキング

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2019/8/13

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2019/8/13

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/9/18

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2019/8/13

【小学校受験】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

伸芽会模試 幼稚園受験

おすすめ記事 幼児教育の効果検証 教材比較・検討

2019/8/13

【幼児通信教材】こどもちゃれんじを3年6か月継続したレビューと効果

目黒川 池尻近く

わさびの日記

【東京23区】子育て・幼児教育・学校選び視点で住みたい区・街

更新日:

今日は東京23区を対象に、幼児教育視点で住みたい街について考えてみたいと思います。

よく色々なメディアで「住みたい街ランキング」が発表されますが、子育て目線ではなかなか判断が難しいです。
これは下記理由によります。

・数字で測る指標に子育てと連動するものが少ない。
・23区に関して、病院はどこもある程度充実していて、実際に住んでいて差異は感じづらい。
・治安の良さは区単位というより町単位で変わっていく。
・幼児教室などの充実は、数や質で測りづらい。

例えば新宿区。私も10年の居住経験があります。
皆様のイメージはバラバラではないでしょうか。詳しくは後述しますが、南西と北東で180度違う街になります。

このため、実際に住むことはもちろん、その街に行ってみることで初めて環境がわかります。
私もいつのまにか計20年以上東京の真ん中に住んでいますので、できるだけ客観的な視点でジャンル別に住みよい街を
簡潔・明瞭にお話していきたいと思います。

判断基準は下記のとおりです。

・家賃及び平均所得
・幼児教室、習い事の充実
・区立小学校、私立小学校
・保育施設・子供関連施設
・治安の良し悪し
・住んでいる方の属性

幼児教育視点で住みたい街を比較

まずは千代田区、中央区、港区の都心3区。
私も非常に詳しいエリアになります。
このあたりの特徴は、家賃が高いものの、有名公立小学校が多く、私立小学校にこだわらなくても充実した小学校生活が過ごせることです。そして、緑や自然が少ないかというと決してそうではなく、一定間隔ごとに立派な公園があることも特徴です。

そして幼児教室については数、質ともに港区が際立っています。麻布十番から広尾にかけて多いですね。
お受験も能力開発系でも、ここで全て揃うので、他へ行く必要はほぼなくなります。

深夜、オフィス街から少し入った小道などは非常に人通りが少なくなりますが、治安は非常に良好です。
人通りが少ない以上、絶対に安全ということはないのですが、絡んでくるような危険な輩が少ない。

せいぜい酔っ払いぐらいですよ。

次にお勧めしたいエリアは文京区と新宿区。

文京区の特徴は、上述した港区と異なり、家賃が格段に安くなり、庶民的になるけど、教育レベルが落ちないこと。
筑波、竹早、お茶の水と人気の国立小が集中しており、受験しやすいのも長所です(もう少し離れても受験自体はできるので、大きなメリットとは言えませんが)。加えて区内トップレベルの文教地区で閑静で、治安の良さも併せ持っています。

ここで新宿区と併せてご紹介したのには理由があります。

新宿区の南西の位置する東新宿は、言わずと知れた結構大変なエリアです。数年前にスクエニ本社が移転してきて、この近辺だけ先進的な街並みになりましたが、ちょっと階段を上がって整備されたエリアを出るといつもの街並み、大久保方面へ行くと大変です。歌舞伎町に近づくにつれ、実に50メートル単位で危険度が増していきます。夜遅くは本当に治安悪く、カツアゲ現場を見たこともあります。しかしながら、明治通りを北へ向かうと早稲田大学の理工学部があるのですが、これを境に治安は非常に改善します。

更に向こうの早稲田エリアまで行くと、学生が夜でもブラブラしていますので、戸山より北東は夜間も安全なエリアになります。神楽坂や江戸川橋近くまでいくと、このあたりの治安レベルはもう文京区と同じです。非常に住みよいエリアですよ。

神楽坂についてはHOMES様のブログ記事でも寄稿したことがあるので、宜しければ下記記事ご参照ください。

【おすすめ穴場駅編】東西線沿線で住みたい街は?

文京区、新宿区は幼児教室がやや分散していますので、人気の幼児教室やお受験教室に通いたい場合は事前に調べた方が良いです。

次は大田区と世田谷区です。

大田区は田園調布がありますが、この周りは世田谷の深沢などと雰囲気が似ています。
世田谷区は統計的な平均所得では港区と大きな差があるのですが、これは世田谷区内での格差が大きいだけで、世田谷は今も昔も多くのお金持ちや芸能人が住んでいます。かつて住んでいたことがありますが、近くに有名人がたくさん住んでいました。豪邸も多いです。

このあたりの特徴は幼児教室が豊富で、私立小学校も多いことです。また、人気の国立小、学芸大附属世田谷を抽選なしで受験できるエリアがあることも魅力です。

定期的に二子玉川に習い事へ通っていますのでこのエリアに暮らすママ友も多いですが、良家の方が多いですね。
仲良くなって色々聞くと、え、あなたもやはり大物でしたか、といったケースが非常に多い。

どちらかというと、自分自身で成り上がった方は港区に多く、もともとお金持ちの方は世田谷に多いように感じますね。
その中間が新宿で、新宿は育ちなんて関係ない、気にしないといったイメージ。全て済んだことがある私からすると、一番好きなのは新宿かな。でも子育てならやはり港区かな。幼児教育無償化でも金額が手厚いですし。

次に目黒区です。
ここへ来てなんですが、目黒は、一番おすすめの街の一つです。
なぜなら、港区ほど賃料が高くはなく、幼児教室も豊富。世田谷方面、港区方面の両方へアクセス良好で、幼稚園や私立小学校も豊富、住所によっては学芸大附属世田谷と、文京区の国立3つの併願も自然な距離と、教育環境が整っています。

次に渋谷区、豊島区ですが、こちらは少し落ち着きませんね。

幼児教室自体はそれなりにあるのですが、駅前は雑多でガチャガチャしています。駅から離れると、地価が高い割に
子育てで考えると難しいエリアも多いです。代々木公園などとても素晴らしい公園ですが、その近辺は子育てに適しているかというと、なんとも言えないところがあります。
住めるものなら良い街ですが、家賃は非常に高額ですので、子育て面の費用対効果という点では他より劣るかもしれませんね。

【アンケート】0歳~6歳のお子様を持つご家庭に伺います。宜しければ東京で住みたい区を教えてください(複数回答可)。

View Results

Loading ... Loading ...



-わさびの日記
-, , , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.