元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

小学校紹介記事用

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験

2019/11/5

【幼稚園受験・小学校受験】合格されたら是非ご一報を

おすすめ記事 わさびの日記

2019/10/1

【幼児~小学生】子供のお年玉の相場はいくら?

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/10/5

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験 教材比較・検討

2019/10/18

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としても効果あり:消費税増税後も費用据え置き

公文STEP3

おすすめ記事 教材比較・検討

2019/8/13

【0歳~1歳】くもんのおすすめ知育玩具・おもちゃランキング

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2019/8/13

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2019/8/13

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/9/18

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2019/8/13

【小学校受験】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

伸芽会模試 幼稚園受験

おすすめ記事 幼児教育の効果検証 教材比較・検討

2019/8/13

【幼児通信教材】こどもちゃれんじを3年6か月継続したレビューと効果

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

更新日:

大手幼児教室模試を定期的に受験していますが、受験者も増えてきました。

今回男女合計711名、女児357名受験ですが、ベスト10に入ることができました。
特定されるのも宜しくないのでぼかして恐縮ですが、目安としてトップ画像に参考資料を挙げておきます。
これでもまだ上がいるとは驚くばかりです。

いくつか志望校も書きましたが、今回は全て合格圏でした。
ただ、これで浮かれてはいけません。小学校受験では様々な要素で合格が決まるので、
ペーパー試験は数ある要素の一つにすぎません。
小学校受験は水物なので、今後調子が悪い日もあるでしょうし。
継続して上位10%に入るよう努力してきたいと思います。

この数回の模試で、順位が右肩上がりに推移していますが、成績を上げていく過程でわかったことがあります。
まだ合格もしていない身分でお話するのは恐れ多いのですが、成績が上昇傾向であることに間違いはないので、あくまで年中時点という前置きのもと、成績を上げることができた要因をお話していきます。

下記は、言うのは簡単ですが、いざ実行するのは難しいのではないでしょうか。
でも、実行できれば、成績が上がります。
このため、実行するために何が必要か、いつも考えています。我が家も日々試行錯誤しながら前へ進んでいます。

では一つ一つお話します。

なぜ勉強するのか理解する

まずは子供なりの精神論のお話です。
大人のように正確に理解する必要はなく、幼児なりの納得感が必要です。

私は、娘に仕事やお金のお話を下記の通りしています。
過去ブログで塾講師のお話をしたことがありましたが、同じロジックです。

塾へ通うにはお金がかかる。

お金をもらうために働く必要がある。

働いてたくさんお金をもらうためには賢くなる必要がある。

賢くなると、お金をたくさんもらえるかもしれない。

賢くなりたいなら、パパは応援したいので頑張って働く。
賢くならなくても、パパは応援する。

ここで、選択を娘にさせていることがポイントです。

究極的な質問(勉強したいか、したくないか)という質問をまず子供に委ねています。

ここでしたくないと言われたら、正直なところ何か他の手を考えるのですが、
やりたいと自分で言えば、前向きに動く習慣がつきますよ。

勉強に取り組む姿勢

そうは言ってもまだ幼児で、
自分で勉強するといってもなかなかできないものです。

このため、きっかけは親が作ってあげる必要があります。
実際のところ、大原則として勉強する意志だけ明確であれば、机に向かう工夫は何だって良いです。

・勉強しやすい部屋にする
・決まった時間に勉強して習慣づける
・お小遣いやご褒美と連動する

お小遣いとの連動は場合によっては気が進まない場合もあるでしょう。
否定はしませんので、何かやりやすい手段を考えてあげてください。

体力

受験勉強のみならず、普段の勉強においても体力が必要です。

体力がないと、幼稚園から帰って、何か習い事をして、疲れて勉強させるのはかわいそう、、
という思考になります。
これは勉強をやらせているからそのような議論が起こるのであり、上述の前提をクリアしていれば、
放置で良いです。疲れていても止める立場になりますし、その日はやらなくても、次の日の朝、自分でやるようになります。

このベースとなる体力はやはり重要です。
体力は勉強に限らず、一日の行動範囲を決める器となります。

このため、普段から体力をつける試みをしましょう。
参考までに我が家では下記のような対応をしています。

・2歳で4キロウォーキングマラソン、その後定期的にたくさん歩く試み。
・幼児マラソンに積極的に参加
・水泳は週2回(今は25メートルクロール)
・体操教室で運動面強化
・お友達と走り回る(最後に)

最近は習い事のWヘッダーもあります。
幼稚園が終わった後、公文+体操orプール+公園でお友達と遊んで帰る、、
などよくあります。

おすすめは何事においても、最後にお友達と遊ぶことです。
お友達と遊ぶことはどうも別腹のようで、本当にへとへとになるまで楽しく遊びます。

楽しく遊ぶことで、行動観察にも効果を発揮します。
知らないお友達と遊べるようになったら、かなりのものです。

ペーパー対策に効果を発揮するキッズアカデミー、チャイルドアイズ、公文

このような成績を出すと、皆さま娘が伸芽会やジャックなど大手幼児教室に通っているとお思いではありませんか?
ブブー、まだこれら大手小学校受験専門のレギュラークラスでは通っていません。

情報を得るため、色々な幼児教室を訪問したり、模試や夏季講習では毎週お世話になってましたけどね。
あと幼稚園受験時に毎週通っていたベースがあるのは事実です。
今後は総合的な能力が求められるので、年長11月からどこかに籍を置く予定です。

なぜ年中は大手に通っていなかったかと言うと、戦略的要素と、他の習い事の数、そしてシンプルに費用的な問題です(笑)。

長期的に大事な教育は、お受験幼児教育ではなく、IQなどに直結する能力開発や早期教育(公文)と考えています。
これらの地頭強化はペーパーで未知の問題が出た時に力を発揮します。

お受験特化の幼児教室と能力開発系の大きな違いは下記の通り。

お受験幼児教室のみ→パターン化された問題を幅広く抑える。
お受験対応のIQ、能力開発系幼児教室→色々な問題を考えるプロセスを重視する。

公文の算数に取り組むことで、数の問題は毎回満点になります。
また、キッズアカデミーは子供のやる気を引き延ばし、図形問題等、地頭を良くする学習に優れています。
チャイルドアイズは同様の教材を使い、お受験クラスもあります。

小学校受験の合否はペーパーだけでは決まりませんが、結局差がつくのはペーパーです。
ここを年中で終らせておけば、年長でマナーや行動観察、願書、面接など必要な部分のみ注力できます。

このようなペーパー先行型のお受験幼児教室も多いですが、最大のネックはお受験幼児教室は漏れなく費用が高額なこと。
年中では、お受験幼児教室に週1回のみ通わせている方がほとんどではないでしょうか。

でも、それだけで終わると、皆がやっている平均的な勉強にすぎず、不十分です。
皮肉めいた言い方になりますが、大学受験で言うと、塾へ通って復習しない学生よりも、塾に通わず参考書だけで一日中勉強する学生の方が通常優秀です。

小学校受験でも同じことが言えて、週に1回のみ幼児教室でトレーニングを積んだお子様よりも、週1回あるいは2回能力開発系幼児教室に通い、その前後で自分の意志で勉強するお子様の方がずっと成長すると考えています。しかも後者のほうが安上がりです。更に、能力開発系の方が幼児教育で求められるあと伸び力が期待されます。

キッズアカデミーを検討される場合は、できるだけ複数校回ってくださいね。先生に差がある可能性もあるので。IQ上昇や子供を乗り気にさせるコンテンツとしては優良ですので、先生に受験の旨を伝え、後押ししてもらうのが効果的です。
この場合、結果的に、小学校受験の個別対応をしてもらうことになります。

IQ教育に強いキッズアカデミーの詳細はこちら

公文式も同様ですが、公文は教室へ行く回数が多く、教材が同じです。
特段のこだわりがなければご近所の教室で宜しいかと思います。
ただ、一般的には公文式と小学校受験は合わない点も多いです。年長時は控えめにして良いかと思います。

数の問題に強い公文式の詳細はこちら



-おすすめ記事, 小学校受験
-, , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.