元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

小学校紹介記事用

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験

2019/11/5

【幼稚園受験・小学校受験】合格されたら是非ご一報を

おすすめ記事 わさびの日記

2019/10/1

【幼児~小学生】子供のお年玉の相場はいくら?

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/10/5

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験 教材比較・検討

2019/10/18

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としても効果あり:消費税増税後も費用据え置き

公文STEP3

おすすめ記事 教材比較・検討

2019/8/13

【0歳~1歳】くもんのおすすめ知育玩具・おもちゃランキング

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2019/8/13

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2019/8/13

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/9/18

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2019/8/13

【小学校受験】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

伸芽会模試 幼稚園受験

おすすめ記事 幼児教育の効果検証 教材比較・検討

2019/8/13

【幼児通信教材】こどもちゃれんじを3年6か月継続したレビューと効果

早稲田実業正門前

小学校受験

小学校受験の補欠繰上合格の可能性:早稲田実業初等部の数字から推定

更新日:

受験が始まると、非常に気になるのが補欠合格と、合格が回ってくる可能性がある時期です。

補欠合格とは、簡単に言うと、キャンセル待ちの合格。
正規の合格には至らなかったものの、既に合格された方が辞退すれば枠が生じ、
欠員を防ぐために合格が割り当てられる可能性があります。

補欠合格の通知の仕方は様々で、補欠の番号を教えてもらえることもあれば、補欠合格、という事実のみ通知されることもあります。

補欠合格の繰上数は当然ながら人気校ほど少なくなります。また、多めに合格者を出す小学校も、通常少なくなりますね。
しかし、多くの学校で一定数存在するようです。この数はなかなか開示されていませんが、一つ面白いデータがあります。

10年前の早稲田実業初等部です。2009年まで補欠の繰上合格者を開示しており、2007年は男子7名、女子3名、2008年は男子1名、女子3名、2009年は男子6名、女子6名でした。

早稲田実業初等部の人気は今も昔も最上位の一角です。現日ハムの斎藤投手が連日ニュースになっていたのが2006年から2010年で、当時も今も高い人気と倍率です。とはいえ、慶應幼稚舎がある以上、小学校において絶対王者ではない。早稲田実業はそのような位置づけです。

そんな早稲田実業の補欠繰上が上記の通り、毎年数人存在します。男女0人ではないが、1人の年もある。男子合格者が65名~70名、女子合格者が40名~45名ですから、年によって差が出るものの、男子の平均繰上合格率は5~6%、女子は10%程度でしょうか。

でもこの辞退率、個人的には非常に納得がいきます。他にも合格したら、そちらに行くであろう学校、同水準の迷う学校がいくつか存在するからです。

この数が事実として存在するので、他の数字も推定してみます。

私立小学校に偏差値はありませんが、2つ合格すればどちらか辞退することとなります。
小学校に偏差値はなく、もちろん人によって選択結果は異なりますのでいたずらなことは言えませんが、
慶應幼稚舎、横浜初等部、早稲田実業初等部、雙葉、国立小などは最人気校と言えるでしょう。
また、青山学院、学習院、立教、洗足、暁星、成蹊、農大稲花、都市大付属、東洋英和、白百合、聖心、田園調布雙葉、横浜雙葉、女学館などはそれに次ぐ人気校と言えるでしょう。これら人気校の選択は本当に人によって異なると思われますので、なかなか安易にランキング付けはできません。

つまり、様々な選択のドラマがあり、次に補欠の出番が回ってくるわけです。この通知は、辞退の申し出と連動することもあり、卒園式間近で通知が来ることもあります。学校にとって辞退は非常に残念なことですが、その不幸は他の学校に渡されていきます。最後に繰上げなかったどこかの学校が不幸を引き受けることになりますね。

学校のカラーや難易度から少数派でしょうが、幼稚舎と早実のW合格を果たした場合、少なくとも過半数が幼稚舎を選ぶでしょう。
また、難関校であっても私立合格者が後に筑波など国立も合格を果たした時、国立を受験する時点で、入学意思があるわけですから合格したら辞退するでしょう。

明確なデータはないですが、近年では幼稚舎を辞退して横浜初等部を進学する方も一定数存在するようです。横浜初等部は歴史は浅いですが、幼稚舎と違って勉強をしっかりさせる文化があるので、これが一定のファンを生んでいるとか。幼稚舎でさえ、辞退はゼロと言うわけではありません。

このため、早実のかつての辞退者数が今も変わっていないであろうという推定のもと、
幼稚舎や横浜初等部、雙葉などの最難関、最人気校でさえ、わずかながら辞退、繰上げ合格が発生する可能性が十分にあると言うことがいえます。但し、早実よりその率は少ないでしょうから、割合にして合格者のほんの数%でしょう。

次に国立ですが、国立は違った事情により繰上げ合格が発生することがあります。それは住所制限の違反です。
国立はそれぞれの基準で住所に制約がありますが、取り繕った住所で後に不正と看做されることもあります。

このため、国立もまた様々な事情で辞退の可能性がありますが、各校の辞退率は下記の通りと推定します。
学校が応募者を多めに合格者を出す兼ね合いもありますので、繰上率は実際の合格者と照らしていただければと思います。

基準:過去の実例から早実初等部の辞退率を男子が5%、女子が10%と仮定

辞退者がほとんどいないと思われる学校:筑波、幼稚舎
上述の通り、幼稚舎も0とは言いませんが、私大トップのポジションは健在。筑波は全ての試験日程の最後となるため、日程面で辞退されにくいです。

辞退者が早実と同等と思われる学校:雙葉、横浜初等部、青山、学習院、筑波以外の国立
上述の学校は、仮にうち2校合格した場合のW合格では差がつく学校もありそうですが、通常W合格される方が少ない学校群であることから早実と同等としています。国立との比較は難しい所ですが、受験する方がいれば、上述の通り志望順位が高いこととなるので、辞退される可能性も高まるでしょう。

また、筑波の記事中でアンケートを取らせていただいたところ、筑波専願はほとんどいません。5割が私立も併願、4割は国立のみ併願です。すなわち、筑波以外の合格者は、多くが筑波も受験されることが推定されます。国立は抽選がありますが、数十人の国立小合格者のうち、多くが筑波を併願すると、毎年何人かは安定してW合格することになりますね。

横浜初等部は別格の存在ですが、幼稚舎との選択と言う面で、一定の辞退率はあると思われます。

これ以外は、辞退が早実が同等以上存在すると思われます。
すなわち、推定合格者の5%程度は辞退すると期待して良いでしょう。
合格者数と照らして繰上可能性を模索する必要があります。

制服の採寸などが終わった後に補欠合格の連絡通知が来ると、非常に嬉しいのは当然ですが、
微妙な気分でしょうね。その学校が気に入るよう努力を要したお子様への説明等々もありますし、、。

 

 

 

 

 

 



-小学校受験
-, , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.