元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

小学校紹介記事用

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験

2019/11/5

【幼稚園受験・小学校受験】合格されたら是非ご一報を

おすすめ記事 わさびの日記

2019/10/1

【幼児~小学生】子供のお年玉の相場はいくら?

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/10/5

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験 教材比較・検討

2019/10/18

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としても効果あり:消費税増税後も費用据え置き

公文STEP3

おすすめ記事 教材比較・検討

2019/8/13

【0歳~1歳】くもんのおすすめ知育玩具・おもちゃランキング

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2019/8/13

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2019/8/13

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/9/18

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2019/8/13

【小学校受験】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

伸芽会模試 幼稚園受験

おすすめ記事 幼児教育の効果検証 教材比較・検討

2019/8/13

【幼児通信教材】こどもちゃれんじを3年6か月継続したレビューと効果

わさびの日記

関東と関西の子育て環境比較(幼児教育・学校進学・治安・将来性)

更新日:

皆さまこんばんは。
今日は関東と関西における子育てがテーマです。

私は関西で育ち、大学から東京に来て20年になります。
つまり、自分自身は関西で育った実体験がありつつも、関東では塾講師をしたり、家庭教師をしたり,指導する側の経験があります。今、娘を育てるうえで、実感している点も多数あります。

それぞれどんな特徴があるのか、一つ一つ比較してみましょう。

基本的な相違点

まず子育ての基本的な相違として、下記の通り関東と関西で異なる点があります。

関東

・地価が高く、平均給与も高い。
・小学校受験率は概ね5%程度
・中学生受験を志す家庭が非常に多い。
・ブランド公立小学校があるエリアが多い。

関西

・地価は東京より低く、平均給与も低い。
・小学校受験をするというとびっくりされる。レア。
・基本は公立思考で中学、高校とも公立上位校が親孝行とされる。
・場所によっては治安が悪い。

私見ですが、こと勉強、進学における両者の特徴はほとんど上記の違いから導き出せるのではないでしょうか。

今、我が家では小学校受験を視野に入れていますが、本当は私自身は常に葛藤に悩まされています。
なぜなら、関西では公立が昔から良しとされる風土があり、それが心のどこかに残っているからです。

もし関西に住んでいたら、まず小学校受験はしませんし、中学受験さえもしないと思います。
娘次第ではありますが、自分がやってきたようにやれば良いという道筋だけはわかっているからです。

幼児期と小学校

子育てにあたり、幼児期と小学校の比較をしてみましょう。

上述の通り、関西では通常公立思考ですから、幼児期でお受験幼児教室へ通うお子様は少数派です。
特に損得勘定で考える方が多いので、大学に行きたいのであれば「勉強して公立行ったらええやん」と一蹴されます。
あと、「何したいん?」と言われるでしょうね。

関東では、ご自身が卒業生だったりする場合も含めて、小学校受験をするご家庭が多いです。そしてそのご家庭が集まるコミュニティに入ってしまうと、そこで競争や見栄の張り合いなども横行して、結構しんどいこともあります。
この点、余計な不安をかかえる必要がない関西は気持ち的に楽かもしれません。

では、少し先に進んで公立小学校はどうでしょうか。

この点、教育環境、治安という視点では、関東の方が全体的に安心できるでしょう。

私が子供の頃は、小学校や中学校ともにいじめがありました。最近では神戸で教師同士のいじめがあったりしましたが、大阪や神戸では色々あります。私自身、小学校のときに上級生にいじめられたりしましたよ。いきなり殴られたことだってあります。先生を殴る子もいましたし、先生が生徒を殴ったりすることもありました。私の住むエリアは特に悪い地域なのですが、このような地域が点在します。

一方、関東では港区、千代田区、文京区、世田谷区他、多くのエリアで治安が良く、学校の評判も良いエリアがあります。地価が高く、住むのに一苦労ですが、住んでいる方に話を聞いても本当に評判良いですね。学校に通うために引っ越してくるほどのエリアですので、それぞれのご家庭も意識が高く、問題を起こす方が少ないと思われます。私が塾講師をしていたときも、本当に皆素直で非常に驚きました。
すなわち、両社とも治安の善し悪しはあるのですが、関西では相対的に治安の悪いエリアが多く、関東では治安の良いエリアが多いと言えます。

中学・高校と生活費

上述の通り、関東(特に東京)は私立の比率が高く、関西は公立の比率が高いです。
このため、ここまで育てる教育関連費用に非常に大きな差が生じます。

加えて、賃料にも大きな差がありますので、関西に住むという選択肢を取った時点で、非常にコストメリットがあります。

また、公立中学校では内申点が大きく受験に影響しますので、公平に勝負できます。
公立トップ校でも、進学塾が必須ではありません。学校の成績でトップを取ろうとすると、地元の塾より、指定教科書を研究しつくした進研ゼミなどの方が効果を発揮します。

つまり、我が家もそうでしたが、お金のない家庭でも対等に戦いやすい環境が関西にはあります。
周りの学習レベルが低い場合、ちょっとしたことで自分が評価されやすいということにもなります。

将来性

関西には第二の大都市である大阪がありますが、大学や将来のことを踏まえると、依然として東京の方が様々な進路があるのも事実です。

関西において、関関同立は京大や阪大、神戸大、市大府大と併願する学校で、本質的な学力は東大落ちの早慶と変わらない学生もたくさんいるわけですが、関東では関関同立はそのようなポジションとしてはあまり知られていませんので、それ自体は損と言えば損です。

昨今は生き方と言う意味では企業勤めにこだわらず多様な生き方、稼ぎ方ができるようになってきていますが、まだ大学の派閥、格付けは根強く生きているように感じます。

このため、受験においては東大や早慶も視野に入れると良いかもしれません。



-わさびの日記
-, , , , , , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.