手作りマスク(無地)

わさびの日記

【わさびマスク】わずかですが、手作り布マスクを無料で必要な方に届けます

4月24日現在、大人用の柄物1枚、子供用の無地1枚在庫ありです。
興味ある方は下記ご確認ください。

ご応募いただいた方、ありがとうございます。しばらくお待ちください。
お立ち寄り頂いた方もありがとうございます。

マスクが無事出回るまで、片手間ですいませんが人の助けになりたいと思います。


先日、1世帯ごとにマスク2枚を配布する報道が流れましたが、まだまだマスクは入手しにくい状況です。

そもそも2枚では十分ではなく、お子様がいる多くの世帯では足りないでしょう。

そこで、このような企画をする有効性はわかりませんが、、個人情報に配慮しつつ、必要な方に家庭で作ったマスクを無料で届けたいと思います。

柄は黒と白の大人でも使えるもの、子供向けの可愛い柄、無地など。

当初は有料で安く届けようとも思ってましたが、品質面で満足いただけるかどうかはわかりませんので、このような対応にしたいと思います。

わさび工場は概ね1日に1枚できる程度です。原材料もそれなりに高騰しており、1枚当たりの原価は500円~800円程度(泣)
ですのでちょっとずつやっていきます。当ブログのPVは3,000/日なので、手を挙げる方も少数と思われ、ニーズとしてはちょうどよいぐらいかなと思います。

普段ブログで一方的な配信をしているのみですので、自己満足ながら喜んでいただければ嬉しいです。

申込・郵送方法

対象

お子様のいる家庭のみならず、マスクが不足していて日常生活に支障をきたしてる方、使っていただける方全てを想定しています。

申込方法

記事下段のツイッターボタンを押して、希望の旨をお知らせください。対応できる範囲であれば、先着順でフォローバックしますので、メッセージ欄でやり取りしましょう。ここであればお互い匿名性を維持できます。数が少ないので、予告なしにクローズすることがありますので、ご容赦いただければと思います。

また、市場でマスクが問題なく入手できるようになった場合も役割を終えたとみなしてサービスを終える予定です。

郵送方法

下記2パターンのいずれかお好きな方で対応します。

①郵便局の定形外発送
メリット:受取が楽で、受け取れれば誰でも良いので、匿名性を維持しやすいです。
デメリット:住所を教えて頂く必要があります。

②郵便局の局留め
メリット:お好きな郵便局を指定し、そこで受け取れます。住所が不要となります。
デメリット:お名前を教えて頂く必要があります。

 

 



-わさびの日記
-, ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ