公立小学校学区別:平均世帯年収ランキング上位50校(東京・神奈川・千葉・埼玉)と差異原因

東京、神奈川、千葉、埼玉に約3,500もの公立小学校がありますが、それぞれの学区に居住する世帯の平均所得は様々です。

先日、中学校受験率が高い人気公立小学校の記事を書きましたが、概ね平均所得と比例する傾向がありますね。

今回、東洋経済様(の参考としたスタイルアクト様)の算出した学区別の世帯年収データを基に、小学校別の学区別の世帯年収と差異原因を分析したいと思います。

下表のように、限られたエリアで算出しているため、隣接する学区でも違いが見られます。
隣接していて差が顕著である理由は下記のように様々です。

・国家公務員宿舎がある地域や大企業者宅など、特殊な地域は高くなる傾向がある。
・持ち家比率や土地面積が広い地域は年収も多い傾向がある。
・人気私立小学校が多い地域は高くなりやすい。
・中学受験を志す家庭が多い地域は高くなりやすい。
・人気の公立小学校が多い地域は高くなりやすい。

つまり、下表のランキングは小学校単位で調べているわけではないので、必ずしも小学校に通う生徒の世帯収入の違いにはつながらない点に注意が必要です。一方で、確実に地区別の違いはあるということも同時に言えます。

では上位50の学校を具体的に比較してみましょう。

目次

小学校学区別の平均世帯年収ランキングと原因分析

順位小学校市区町村平均世帯年収
1南山小港区1409
2本村小港区1284
3御成門小港区1268
4笄小港区1265
5東町小港区1214
6白金小港区1174
7麻布小港区1163
8番町小千代田区1151
9青南小港区1120
10麹町小千代田区1108
11赤羽小港区1074
12高輪台小港区1073
13神宮前小渋谷区1067
14打瀬小千葉市美浜区1064
15美浜打瀬小千葉市美浜区1055
16第三日野小品川区1051
17千駄谷小渋谷区1048
18宮前平小川崎市宮前区1044
19海浜打瀬小千葉市美浜区1041
19赤坂小港区1041
21御殿山小品川区1036
22荏田西小横浜市青葉区1034
23九段小千代田区1032
24芝小港区1029
25土橋小川崎市宮前区1028
26みどりが丘小八千代市1026
27広尾小渋谷区1025
28日野学園品川区1023
29一松小長生郡長生村1019
30田園調布小大田区1016
30美しが丘東小横浜市青葉区1016
32日の出小浦安市1015
33藤が丘小横浜市青葉区1010
34池之上小世田谷区1007
35佃島小中央区1006
36明正小中央区1002
37神南小渋谷区996
38桜町小世田谷区993
39山王小大田区990
39菅刈小目黒区990
41中町小世田谷区989
42鷺沼小川崎市宮前区988
43富士見台小川崎市宮前区985
44白金の丘学園港区985
45城東小中央区982
46東深沢小世田谷区981
47本城小成田市980
48緑園西小横浜市泉区979
49九品仏小世田谷区978
49瀬田小世田谷区978

                        出典:東洋経済2020年4月11日号(ソースは住まいサーフィン)

面白いデータですね。概ね7割ほどのエリアはよく知っていますので解説します。

上位が港区を独占するのは小学校に限った話ではありませんが、港区でも差があります。
突出しているのは麻布十番~麻布エリアです。このあたりは南北線や大江戸線が開通して以降更に人気が上がり、ブランドが確固たるものになりました。面白いのが二の橋から仙台坂を登るコース。二の橋は麻布十番の駅前でそれはそれで一等地なんですが、このあたりはお店やマンションが多く、本当のお金持ちは坂を登った上にお住まいです。大使館も多くて警備員も多いですから、ジョギングして適当な道に入ってしまうと怪しまれるんじゃないかと少々焦ります。

なぜ駅から遠いのに高いかというと単純な話で、このあたりはそもそも電車など使わない方が多く、駅前という概念が希薄だからです。

次に、港区ばかりのベスト10内にぽつりと存在感を見せる千代田区の番町小学校と麹町小学校は、当ブログでアンケートを取らせていただいた限り、日本で一番人気がある公立小学校のベスト1,2の学区です。中学受験の実績だけでなく、場所がら伝統もあり、確固たるブランドを形成しています。

【東京都】中学受験に強い人気公立小学校ランキング:私立小学校との比較 | まなのび:幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

このあと、千葉市美浜区、川崎市宮前区が急に現れます。
これはそれぞれイレギュラーな要因があります。千葉市美浜区は海浜幕張の近くにある幕張ベイタウン内にある新しい小学校がランキングしています。ここはプロスポーツ選手などにも人気で、早々通えない学区になっています。また、川崎市宮前区は、国家公務員宿舎や大企業の社宅などが平均所得を押し上げています。

ベスト30を過ぎると大田区、目黒区、世田谷区が登場しますが、伝統的に土地面積が広い戸建が多いエリアや、私立小学校が多いエリアが目立ちます。世田谷区は平均世帯所得は決して高くわけではなく、色々な方が住んでいます。このため、ストック型のお金持ちは確かに多いエリアですが、平均所得としては突出した数字にはならないようです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる