おすすめ記事 小学校受験

2020/6/16

【小学校受験】私立・国立小学校情報満載のおすすめ本

おすすめ記事 小学校受験

2020/6/17

【小学校受験】学研のオンライン家庭教師継続中レポ(通学との比較、費用、効果)

幼児知育教材診断・比較

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具

2020/7/1

【ベビー・幼児】人気の知育通信教育・デジタル教材:おすすめ診断と年齢別比較

ワンダーボックス教材相関図

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事

2020/6/17

WonderBox(ワンダーボックス)継続中!教材とアプリ、知育効果と評判をわかりやすく解説します

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/12/12

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具 幼稚園受験

2020/5/24

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としてもおすすめ:3月末まで無料教材配布中!

幼児教育 積み木

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2020/4/29

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2020/5/24

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/9/18

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2020/6/8

【2021年度】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

東京都のコロナウイルス検査陽性者数 年齢別月別内訳(4月11日まで)

関連ニュース

東京都コロナウイルス年齢別・月別感染者数:子供と大人の感染者数比較

東京都のコロナウイルス感染者は日々増加していますが、とりわけ気になるのが子供への感染です。保護者様も、子供だけは守りたいと考えている方も多いのではないのでしょうか。

子供は重症化しにくいという話も聞こえてきますが、現時点でどれぐらい感染者がいるのか、数字として見えにくいです。

この点、幸い東京都は一人一人、感染者の年齢を開示しています。このため、この情報を基に集計し、昨日4月11日までの最新情報にて、年齢別、月別のコロナウイルス感染者を整理してみました。

東京都のコロナウイルス検査陽性者 年齢別月別人数

都の公式発によると、4月11日20時30分現在で検査陽性者は下図の通り1,902人です。

東京都コロナウイルス検査陽性者の状況4月11日

出典:https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

この人数を年齢別に図示すると、下図のようになりました。
黄色が4月です。まだ半分も経過してませんが、増加ペースが加速していることが読み取れます。

東京都のコロナウイルス検査陽性者数 年齢別月別内訳(4月11日まで)

東京都のコロナウイルス検査陽性者数 年齢別・月別内訳

単位:人

1月 2月 3月 4月1日~11日 総計
10歳未満 6 10 16
10代 8 21 29
20代 2 63 254 319
30代 2 3 92 304 401
40代 1 3 99 255 358
50代 7 66 226 299
60代 6 55 143 204
70代 10 65 102 177
80代 3 20 49 72
90代 10 9 19
調査中 6 6
不明 2 2
総計 3 34 484 1381 1902

この点、検査の末に感染が発覚したのは、20台~50台が多いことが明確にわかります。人数が増えたものの、3月からその傾向は変わりません。

子供のコロナウイルス感染者の割合は低い?

では、年齢別の割合はどの程度でしょうか。これも下図で調べてみました。

東京都のコロナウイルス検査陽性者数 月別年齢別割合(4月11日まで)

東京都のコロナウイルス検査陽性者 月別、年齢別割合

単位:%

1月 2月 3月 4月1日~11日 総計
10歳未満 0.0% 0.0% 1.2% 0.7% 0.8%
10代 0.0% 0.0% 1.7% 1.5% 1.5%
20代 0.0% 5.9% 13.0% 18.4% 16.8%
30代 66.7% 8.8% 19.0% 22.0% 21.1%
40代 33.3% 8.8% 20.5% 18.5% 18.8%
50代 0.0% 20.6% 13.6% 16.4% 15.7%
60代 0.0% 17.6% 11.4% 10.4% 10.7%
70代 0.0% 29.4% 13.4% 7.4% 9.3%
80代 0.0% 8.8% 4.1% 3.5% 3.8%
90代 0.0% 0.0% 2.1% 0.7% 1.0%
調査中 0.0% 0.0% 0.0% 0.4% 0.3%
不明 0.0% 0.0% 0.0% 0.1% 0.1%
総計 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%

1月と2月はまだサンプル数が少なく、参考に留めておいたほうが良いでしょう。後に4月の数字が確定すれば何らかの傾向が出ると思われますが、今のところ、下記が読み取れます。

・30代、40代の割合が多く、特に30代の割合が上昇傾向。
・未成年の割合は2%~3%で推移しているとみられる。
・60代以降急減していく。

よって、致死率が高いと言われる高齢者を守るためにも、30代~40代の感染率を下げる必要があると思われます。花見や卒業シーズンの旅行、飲み会などが問題視されたこともありましたが、その影響もありそうです。

この年代がなぜ増えるかと言うと、公私問わず動いているからということになるでしょう。

4月もまだ半分以上ありますので、今後減らしていくために何ができるか、よくよく考えていきたいと思います。



-関連ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ