おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験

2020/9/19

人気のお受験バッグ・小物・雨具をご紹介(小学校受験・幼稚園受験)

37.5度以上不可

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/15

【小学校受験0次試験?】考査当日にほとんどの学校で検温実施。37.5度以上の発熱で受験不可の傾向

おすすめ記事 小学校受験 幼児教室 幼稚園受験

2020/9/9

【港区】麻布十番・広尾・田町で人気の幼児教室、幼稚園・小学校受験塾と合格者数

筑波大附属小学校前

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/14

名門小学校に合格する子供の共通点(幼児教室・教材・能力)

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

【小学校受験】私立・国立小学校情報満載のおすすめ本

幼児教育 積み木

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2020/4/29

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小学校受験 幼児教室合格実績

おすすめ記事 小学校受験 幼児教室

2020/9/22

【私立・国立小学校受験】首都圏幼児教室 合格実績比較(伸芽会、ジャック、理英会、スイング、こぐま会、わかぎり等)

お受験本番マスク

おすすめ記事 中学受験 小学校受験 幼稚園受験

2020/9/24

お受験の試験当日で使いたいおすすめ子供向けマスク(幼稚園・小学校・中学校受験)

Twitterツイッター

おすすめ記事 幼児通信教材・知育玩具

2020/8/4

ツイッターで人気の幼児向け知育玩具をご紹介

小学校受験分野に強い 幼児通信教材

おすすめ記事 小学校受験 幼児通信教材・知育玩具

2020/9/18

小学校受験・幼稚園受験に役立つ幼児通信教材

筑波大学附属小学校

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/18

筑波大学附属小学校の試験方式、受験倍率、抽選について:2021年度は試験日程変更、一次抽選難化へ

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/20

【小学校受験】学研のオンライン家庭教師継続中レポ(通学との比較、費用、効果)

ワンダーボックス教材相関図

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事

2020/8/14

WonderBox(ワンダーボックス)継続中!教材とアプリ、知育効果と評判をわかりやすく解説します

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

慶応義塾横浜初等部の願書と試験傾向:2019「福翁自伝」→2020「伝記小泉信三」→2021「福翁百話」

本棚の公文カード

おすすめ記事 幼児通信教材・知育玩具

2020/8/14

【公文・七田・こぐま会】0歳~3歳のおすすめフラッシュカード(効果、年齢、集中させる方法)

RIZAPKIDSライザップキッズ

おすすめ記事 スポーツ

2020/9/7

【マンツーマン運動教室】RIZAP KIDS(ライザップキッズ)の通学レビュー、費用、評判、効果

ポピーKids English

おすすめ記事 幼児ポピー 幼児教育の効果検証 幼児英語

2020/8/20

【幼児英語通信教材】ポピーKids Englishの体験レビューと効果

ブログ秋_アイキャッチ用拡大

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/17

【小学校受験】おすすめ過去問題集:伸芽会と理英会の比較

幼児知育教材診断・比較

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具

2020/9/24

【ベビー・幼児】人気の知育通信教育・デジタル教材:おすすめ診断と年齢別比較

おすすめ記事 小学校受験 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具 幼稚園受験

2020/9/18

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としてもおすすめ

幼児英語

幼児期の英語教育の選択肢

幼児教育で悩まれている方が多いと思われるのが、英語かと思います。

英語については、受験においても過渡期ですね。これからは読み書きだけでなく、聞く・話すが重要視されます。

私は20年前の受験の際、英語と数学(但し文系)が本当に得意で、この2科目は偏差値や順位だけで見ると行くところまで行きました。その際の経験からすると、英語は数学に比べて勉強のゴールがあるという判断でおります。

この理由は他の機会で述べるとして、英語は結局のところ文法、英作用のフレーズを700程度100%抑え、長文を誰よりも早く読み、英単語は偏差値70程度のレベルで負けない程度まで押さえておけば、誰にも負けない。これは英語が得意の方ならある程度同意していただけるでしょう。

これに2020年度から始まる大学共通テストから読み・書きに加えて、聞く・話すの4技能を重視する試験になるということです。この内容を色々調べてみましたが、未だ制度自体が迷走していますね。結局のところ聞く・話す能力に求められる能力については、ネイティブと同様にお話ができる力が小さいうちに備わっていれば、読み・書きに求められる能力の対策はこれまで通り!ということになるとほぼ確信しています。

これに関連して、幼児のうちにやっておくべきは当然聞く・話す。

我が家の目標は、小学校のうちにネイティブと同様に話すこと。これは国語や数学に比べ、それほど難しい目標ではありません。受験上の読み・書きは中学校からでも間に合うことは、私自身が知っています。

しかしながら、幼児(幼稚園卒業まで)がネイティブと同様に英語を話せるようにしたい、という明確な需要に対して、供給サイドが的確なニーズを提供できていませんね。

英会話スクール、英会話教材、本で自習、最近ではオンライン英会話。

全てにおいて、結果が出した人はいるので、この優劣を安易に述べるのはナンセンスです。成功者に共通するのは「量」です。英会話スクールへ通って耳に入れる英語の量、英会話教材を勉強する時間、本で勉強する時間、オンライン英会話で勉強する時間のことです。失敗した方の多くは、やはり「量」の問題で、多くは週1,2回の勉強しかしていないんですよね。

このため、お金を費やしたくないが結果を出したい方はオンライン英会話もご検討ください。最近子供向けのサービスも多いようです。こちらがフィットすれば、安価な料金で確実な効果を期待できます。



-幼児英語

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ