おすすめ記事 小学校受験

2020/6/16

【小学校受験】私立・国立小学校情報満載のおすすめ本

おすすめ記事 小学校受験

2020/6/17

【小学校受験】学研のオンライン家庭教師継続中レポ(通学との比較、費用、効果)

幼児知育教材診断・比較

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具

2020/7/1

【ベビー・幼児】人気の知育通信教育・デジタル教材:おすすめ診断と年齢別比較

ワンダーボックス教材相関図

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事

2020/6/17

WonderBox(ワンダーボックス)継続中!教材とアプリ、知育効果と評判をわかりやすく解説します

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/12/12

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具 幼稚園受験

2020/5/24

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としてもおすすめ:3月末まで無料教材配布中!

幼児教育 積み木

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2020/4/29

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2020/5/24

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/9/18

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2020/6/8

【2021年度】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

わさびの日記

テレビの時間は幼児教育に悪影響?

皆さまこんばんは。
今回は「テレビ」について、幼児教育に与える影響をデータから考察したいと思います。

まずデータから。下記は総務省の2012年~2016年の年代別、各メディアの視聴時間推移です。ほぼ全年代で、ネットの視聴時間が毎年伸びていますね。テレビは10代で減少していますが、その他はそれほど減少が目立たず予想外でした。

テレビ視聴時間の推移

出典:総務省 平成29年 情報通信白書

10代ですと2012年はテレビとネットの視聴時間はほぼ同じでしたが、2016年は1.5倍にまで差が広がっています。これにより、勉強にあり方にも影響を及ぼしているはずです。

この内訳をみると、2016年の10代、20代は8割がたモバイルで、PCやタブレットは少数でした。このサイトにお越しいただいている方も8割程度モバイルのようです。
モバイルにかける時間も年々増えていますが、これは想像しやすいですね。この年代ですと、多くはゲームでしょう。アプリで勉強している方もいるでしょうね。

このように学生はテレビにかける時間が減っていることがわかりました。
実際のところ、よくテレビは見ません、という方を多く聞きますね。親戚でもテレビを持たない家庭がいますが、小学生ながらtik tokにはまって大変と困ってました。結局携帯にはまってしまうパターンもあるようです。

この点、ネットの幼児に与える影響については、色々な使い方があるので検討は避けますが、テレビはどうでしょう。私はマンガだけでなくテレビもかなり見ていましたが、、、。

しかし!!テレビがネットと決定的に違う点があります。
テレビはあくまで受動的で、全てにおいて終わりがあります。
同サイトにある別データによれば、19時から22時に視聴者が集中していましたが、30分、1時間などは気分転換に良いでしょうね。強制的に終わるので、この後勉強に取り組むのであれば後に引きずることはありません。

少なくとも、終わりのない携帯アプリにはまるよりはずっとましでしょう。テレビでは、情報番組、アニメなど学ぶことも多いですからね。

確かにテレビを見ている間、一側面だけ見ると、勉強をしないことで機会損失があるのかもしれません。しかしながら、その時間を有効活用しない限りプラスには働きません。

また、意外に良いと思うことは、「適度にテレビを見て皆と話を合わせられること」は、学校ではもちろん、大人になってからも、話を合わせたり、話題を提供したり、色々な面で役に立ちます。将来業界に関わるあらゆる仕事、でいうとどこで関係してくるかわかりません。
テレビを見ないことで色々な面で視野が狭くなるというと言いすぎでしょうが(私も最近見れていないので)、そもそも何も知らない、というのは色々損をしそうです。

このため、幼児教育の観点から、幅広い常識が得られるツールしてまだまだテレビは有益で、リスクも限定されたメディアであると私は認識しています。

あ!ここに来ていただいている方の多くはネット派ですね。ネットなのにテレビを長々と褒めるとは、、、ここまで書いてようやく気づきましたが、他意はございませんのでお許しを。。。



 

 

 



-わさびの日記
-, ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ