まなのび:旧幼児教育と教材の効果を検証するブログ

精華小学校の特徴、説明会要旨(教育方針・倍率・合格実績):神奈川の中学受験進学校

精華小学校

今日は2022年で100周年を迎える神奈川の私立小学校、精華小学校のご紹介です。

精華小学校は中学受験の高い合格実績で定評がありますが、心と体を育てることを重視する小学校です。

目次

アクセス

精華小学校は横浜駅西口から、ヨドバシカメラの横を通って真っすぐ北上します。
歩道橋のある交差点を渡って緩い上り坂を登ります。学校は大人の足で10分弱、子供の足で12分~13分程度歩いた高台の上にあります。

下図の通り、お隣の沢渡中央公園から見るとその高さがわかりますが、標高がやや高く、硬い岩盤の上に小学校があります。

精華小学校2

関東大震災の際も木造校舎は崩れなかったとのこと。
更にこの公園のお隣に防災センターもあり、防災に非常に恵まれた環境と言えます。

精華小学校3 防災センター

沿革・校訓・教育方針

1922年(大正11年)に佐藤善治郎氏が、当時の公教育の画一的・管理的な方向に大いに疑問を感じ、設立したのが精華小学校です。

校訓は「人のおせわにならぬよう 人のおせわのできるよう」
子供にわかりやすいものにしたとのことで、強く優しい精神をもって人に接する気持ちを重視しています。

この建学の精神は現在も下記「教育の5原則」として継承されています。
精華小学校教育方針

説明会によると、生徒は8時10分には投稿して、学園の奥のグラウンドで3周するそうです。
距離は500メートルちょっととのことですが、朝体を動かすことで、頭も体も鍛え、精神力を培います。

また、100冊の本を読む運動があり、1年生から6年生まで、必ず読まなければならない本100冊を設定しています。
読書の中の疑似体験を通じて、心に刻み、創造力豊かにします。

学年2クラス(まつとさくら)で80名、担任がそれぞれ2クラスみるのではなく、2人で2クラスを見ています。
更に各学年に副担任が1人、1年生から各教科の担当教師が教えます。色々な角度で生徒をみることで、
問題を早期発見する体制を確立しています。

4年生からは国語、算数、理科、社会は少しずつ前倒し、6年生の秋までに小学校の全ての学習範囲を終わらせます。
5,6年は実力テストで中学受験の問題に取り組んでおり、学校のサポートもあります。11月には受験に関する面談もあります。

中学受験校ということもあり、受験後のケアも大事にしています。
うまく行った子も行かなかった子も、3月中旬の卒業式までどのように過ごすか、どのように中学校に送りだすかを
毎年考えているそうです。

受験倍率

受験者合格者倍率
2019306803.8
2020263803.3

精華小学校の受験倍率は上記の通りです。

3倍を超える倍率であれば、容易ではありませんが、神奈川地区の試験は日程都合上必ず辞退者が出ます。
近隣の学校の実績から辞退率はそれなりにいるはずで、実質倍率は2倍前後と推定しています。

過去の試験内容事例と対策

面接:本人と保護者、面接官は校長、教頭の2名、10分程度
ペーパー:40分程度、お話の記憶、数、常識、比較、図形、間違い探し、大小、推理、思考など
口頭試問:言葉の常識、仲間分け4枚のカードでお話作りなど
行動観察:自由遊び、指示行動、集団ゲーム
運動:模倣体操、ボールつき、ケンケン、鉄棒ぶらさがりなど
制作:創造画、折り紙
個別審査:先生とのお話

対策としては、幼児教室でペーパー学習にバランスよく取り組むのが良く、理英会の合格実績が多いです。
運動はお受験体操教室はもちろんですが、通常の体操教室でも役に立つことが多いです。
出題内容から、知能研究所の教材を扱う幼児教室が相性良いです。

(2021年度入試準備版 そっくり問題集)精華小学校

(2021年度入試準備版 そっくり問題集)精華小学校

理英会出版
7,980円(06/19 22:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

中学受験合格実績

生徒のほぼ100%中学受験する学校です。
女子は系列の神奈川学園中学校にほぼ全員進学でき、その権利をもったまま他校を受験できます。
結果として、実際に神奈川学園中学校に進学するのは毎年数名で、その他は外部中学校へ進学することとなります。

この進学実績が凄いです。
比較対象がないとわからないでしょうから、プレジデントファミリーが下図の通り「最難関校」と位置付けている中学校への進学者数の割合を計算したところ、最難関校への進学率は男子で37.8%、女子で23.8%でした。ただ、これは5年累計で計算しているので、単年度ではありません。非公式ながら、実力を示すには十分です。

プレジデント難関中学校一覧

よく「合格者数」と「進学者数」で本当の実力が見えにくくなりますが、合格者数は一人の優秀者が複数の難関校に合格しますので、本来進学者の実績がより正しい合格実績を反映します。この割合が20%超であれば、非常に高い合格実績と言えます。
特に男子は40%近い数字を出していますから、凄い実績です。

精華小学校の過去5年の進学者数実績(男子270名)

過去五年ということで直近の実績がわかりませんが、十分に良い実績です。
単年で開示したら評価が高まるのではないでしょうか。

中学校進学者数
聖光学院中学校24
浅野中学校21
サレジオ学院中学校19
栄光学園中学校18
開成中学校17
筑波大学附属駒場中学校13
逗子開成中学校13
麻布中学校11
鎌倉学園中学校9
慶應義塾普通部8
日本大学中学校8
攻玉社中学校7
法政大学第二中学校6
桐蔭学園中学校5
関東学院中学校5
桐蔭学園中等教育学校5
芝中学校5
函館ラ・サール中学校4
山手学院中学校4
慶應義塾中等部4
暁星中学校3
学習院中等科3
神奈川大学附属中学校2
中央大学附属横浜中学校2
藤嶺学園藤沢中学校2
青山学院横浜英和2
駒場東邦中学校2
東京学芸大学附属世田谷中学校2
日本大学豊山中学校2
海城中学校2
高輪中学校2
東京都市大学付属中学校2
東京都市大学等々力中学校1
広尾学園中学校1
渋谷教育学園渋谷中学校1
八雲学園中学校1

精華小学校の過去5年の進学者数実績(女子126名)

女子も名門校へ多く進学しています。

中学校進学者数
フェリス女学院中学校16
桜蔭中学校9
神奈川学園中学校8
横浜共立学園中学校6
中央大学附属横浜中学校5
鎌倉女学院中学校4
洗足学園中学校4
学習院女子中等科4
日本女子大学附属中学校4
湘南白百合学園3
山手学院中学校3
田園調布学園中等部3
法政大学第二中学校3
頌栄女子学院2
玉川学園中学部2
日本大学中学校2
横浜英和女学院2
鴎友学園女子2
渋谷教育学園渋谷中学校2
桐蔭学園中学校2
広尾学園中学校2
横浜女学院2
品川女子学院中等部2
青稜中学校2
豊島岡女子学園中学校2
山脇学園中学校2
横浜雙葉2
青山学院横浜英和1
桐蔭学園中等教育学校1
八雲学園中学校1
神奈川大学附属中学校1
東京学芸大学附属世田谷中学校1
関東学院中学校1
東京都市大学等々力中学校1

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる