コロナの落ち着きを見越して検討したい久々の国内・海外家族旅行

皆さまこんばんは。
当ブログは受験生の方も多いと思いますが、緊急事態宣言が9月で終わり、11月に幼稚園受験や小学校受験が終わったら、、、、
状況次第で検討したいのが国内旅行です。

4月からは幼稚園生、または小学生となる方もいますし、お子様はこれ以降、長い長い園生活、学校生活が始まります。

夏休み、冬休み、春休みはありますが、家族旅行へ行くのはハイシーズンばかりになり、高額になります。このため、11月~2月の中で、学校や園と重なる日程が、最初で最後のチャンスです。

旅行費用は、安い時期と高い時期で本当に差が大きいことと、幼児期の特異な経験は教育上も脳に与える刺激が大きく、言うまでもなく良い経験となります。

今はまだ旅行を口にするのも不謹慎な状態ですね。しかし、宣言が終わり、コロナが落ち着いている状態であれば、いつまでも気にしても仕方がないとも言えます。

国内旅行は10月以降、コロナの落ち着きを確認しつつ、実際に移動可能になるでしょう。
年末年始は久々の帰省ラッシュが見られると思われ、予約が殺到すると思われます。

また、まだ家族での海外検討は厳しいでしょうが、半年後以降は予約のみ入れておくのも良いかもしれません。
冬を乗り越えた3月もワンチャンスあります。行けるとなったら費用が高騰します。というか、既に少し上がり始めています。

海外旅行へ一回行くだけで、下記の効果が期待されます。

・外国人ばかりの環境があることを知ること。
・話すためには英語(外国語)が必要になるんだと実感できること。
・飛行機を見ること、乗ること。
・今まで知っていた環境と異なる、海外の空気、文化、食べ物に触れること。

特に英語についての効果は大きいです。
家庭で勉強しても、週に1回程度の英会話スクールへ通っても、自分自身で何故必要なのか、というところが実感しにくいです。しかし、海外の環境へ飛び込めば話すほかないわけですから、英語を覚える必要性を肌で感じることができます。

私はよく出張で海外へ行ってましたが、おすすめの旅行先をご紹介します。

おすすめの国は、小さいお子様がいるご家庭はやはりハワイです。
まず、日本語しか話せなくてもどうにでもなるので、この点が大きいです。あとはダイナミックなアクティビティの多さ。イルカに抱きついたり、一緒に泳いだり、日本では体験できない経験もできます。

実は我が家が入園前に選んだのもハワイです。やはり何かと楽ですね。お店も海もアクティビティも。ただ、出発のタイミングが高い時期になってしまい、3人で32万円も航空チケットでかかってしまいました。本当に高い時期はもっと高いですが、やはり32万円は安くはないですね。ホテルや食費、アクティビティを入れると、合計50万円程度使いましたが、やはり懐に厳しいですね。。

少し長めに滞在できれば、ハワイで英語の勉強ができるアクティビティもあります。我が家は長期滞在できませんでしたが、
下記のようなアクティビティは憧れです。お子様は吸収が早いので、短い時間でも本場の英語を自分ものにできるでしょう。

1歳以下の弟さんや妹さんがいる方は、飛行機は無料になりますよ。小さすぎると手間がかかる割に思い出にもなりませんので、おすすめはしませんけど。


次におすすめの国は、UAEのドバイです。ドバイは国ではありません。
また、砂漠の国ですが、石油の国ではありません。観光の国です。

私は家族と行ったことはまだありませんが、これまで仕事で10回程度ドバイへ行ったことがあります。
皆さま、ドバイはゴージャスなイメージがあるかもしれませんが、ドバイで3,4日遊ぶのに、必ずしも大金は必要ありません。普通に遊ぶ範囲であれば、ハワイよりも少し安いかもしれません。

ドバイは世界一のタワーや、変わった生き物がいる水族館、デザートサファリなど、遊ぶところやアクティビティも豊富です。また、一定間隔ごとにイオンモールのような巨大モールがあり、ショッピングをするのも楽しいですよ。2021年10月には万博も開催され、ますます盛り上がっています。

ここで何故おすすめかというと、ドバイは中東とはいっても非常に治安よく、新日国で日本人に対して対応よく、子供にも優しいからです。
加えて、多くは英語を話します。ハワイと異なり、日本語を話せる人はほとんどいませんので、この点難易度が高くなるかもしれませんが、よく子供の旅行雑誌においても穴場として紹介されています。

もしご興味あればご検討ください。但し、最近ドバイは消費税を取り始めましたので、税金加えるとやや割高になるかもしれません。

先の事はまだわかりませんので、とりあえず抑えたい、という場合はキャンセルポリシーが明確な楽天トラベルがおすすめです。

楽天トラベルはこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる