元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

ハローキティゼミ11月号 年中

教材比較・検討

こぐま会 ハローキティゼミ 2018年11月号の内容と評価 

投稿日:

皆さまこんばんは。

ハローキティゼミの11月号が本日届きました。
これから取り掛かります。

今月の内容は下記のとおりです。

・りんごの絵本(ワークブック)
・森のふろく(トップ画像のタングラム)
・みんなのぬりえ(キティちゃんぬりえ3枚)
・学習の手引き
・チェックシート
・わくわくシール

毎月構成は変わりません。前回お伝えした通り、予め決まった予定のスケジュールどおり、りんごの絵本のワークブックを進めていきます。これが主要教材となります。

あとは付録として知育教材。今回は三角同形、2色のタングラムでした。こちらは簡単な内容ですね。年少でも十分できるでしょう。

ぬりえは完全におまけですね。その他手引き、シール、チェックシートは毎月附属しています。

このように、教材の主体はりんごの絵本です。
ただ、前回お伝えした通り、最近個人的には評価が急上昇しています。非常に良問で、絵もかわいくて子供がなじみやすく、量も多すぎない(30問)。

例えば下図は、文章を自分で読んで、理解して、書かなければいけません。一連の動作が含まれますので、これから大学まで続く試験問題の基礎とも言えます。文章が多いので、娘もキティちゃんのかわいらしい絵がなければ、ちゃんと取り組めるかわかりません。

年中でこのレベルで良いのか?は何とも言えませんが、受験業界の雄であるこぐま会のテキストですから、考えた末の教材でしょう。

これからやってみますが、どこまでできるか楽しみです。
できてもできなくても、30問があっという間に終わりますよ。



-教材比較・検討
-, , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.