親子3人塗り絵

幼児教育の効果検証

苦手分野の克服を考える

2018年10月28日

スポンサーリンク

皆さまこんばんは。
トップ画像は昨日アップした、ハローキティゼミ11月号のブログでご紹介した付録の一部、塗り絵です。

こちらは娘がやりたいと言ってましたので、今日の午前に外出までの時間、
家族3人で時間の限りもくもくと取り組みました。上がママ、左下がパパ、右下が娘です。

ママは非常にきっちり塗っていてクレヨンなのに絵の具のようです。
しかし娘は、、、う~ん、塗分けもいまいちできていません。

娘はここへきて、ちょっと絵画全般が苦手なことがわかってきました。
幼稚園でも、園で取り組んだ絵が壁に貼り付けてありますが、上手な子は非常に上手で驚きます。このような子はどんどん絵を描く練習をして、よりうまくなっていくのでしょう。

春先は娘は幼稚園内にて、概ね平均的なレベルでしたが、何もしないまま秋になると、更に差をつけられていました。
公文の他、継続して取り組んでいることについてはかなりできるんですが、やっていないことについては当然にどんどん差をつけられていきます。
さすがお受験幼稚園の恐ろしさを感じます。

ここは落ち着いて、得意科目を伸ばし、弱点はなくすというスタンスで臨みたいです。

絵画については、国立など直近でも必要になる可能性はありますが、将来内申点でも美術で影響してきます。私は美術と音楽については悩まされましたので、あまりに酷くならないよう、ケアはしてあげないといけないと考えています。

家族で絵を描きに行ったり、お受験対策ではないサークル的な絵画教室を検討したり、のんびり進めていきたいと思います。

一度公民館で張り出されてた絵画教室の体験に行きましたが、それ自体は非常に楽しかったです。当時はスポーツ教室と時間が被り、断念しましたが、なんとかやりくりして検討したいです。何よりも月に5,000円程度と安かったです。

他の幼児教室が高いのか、こちらが安いのか、、
幼児教育の費用とは本当に理解しがたいです。

この苦手は美術については、あくまで楽しみながらという程度ですが、
差をつけられないよう意識するので、やればどこまで伸びるのか、
率直にレビューしていきたいと思います。

 

 

 



スポンサーリンク

-幼児教育の効果検証

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ