元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

【3歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)

公文式 経過報告その②

更新日:

今回は国語のご報告をします。
現在、3A150-160あたりですが、ひらがなの練習をしながらですので、
個別のひらがなを復習するため行ったり来たり。読み書きは下記のような現状です。

読み:ひらがなは文章含め、全て読める。カタカナは読めないことがある。
書き:真似して書けるけど、覚えていないので見ながらでないと書けない。

3歳6か月の月齢であれば、もっと進んでいる方もいるでしょうね。焦らずじっくりやっていきたいと思います。

下図は今やっている教材です。まず本文を読みあげてから、後段の文章についてはお手本を見ながら書く練習をします。
「ぼくだって」まではなぞりながら、「まけないさ」は左のお手本を見ながら自分で書きます。

下図を見ると、なんとか頑張った!とういう感じです。最後の「さ」はいかにもぎりぎりやり遂げた感じが出ています。負けないで頑張って!!(笑)。↓↓



-【3歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)
-, , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.