中学受験

人気のSAPIX新1年生入室テスト:第二回申込受付開始

スポンサーリンク

小学校受験が一段落した方も増えてきていると思いますが、中学受験される方は次の戦いが早くも始まりつつあるようです。
SAPIXは小学校1年生向けの入室テストを11月3日に実施しています。

こちらツイッターで教えてもらったのですが、第一回は先週登録したところ、11月3日の初回は既に受付締切。
まずこの盛り上がりに驚きました。
現在の戦略として、これから本格再開する公文で小学校2年生頃まで突き進もうと思うのですが、、、それだけ早めに動いている方がいるということですね。小学校受験とはまた違うところで先を見て準備してきた方々と思われます。

再度、4日より入塾テスト第二回受付が開始しました。
次回試験日は12月6日(日)で、今のところ、まだ多くの校舎から選択できます。この日程であれば、国立であれば最後の人気国立小学校、お茶の水を残して全て終わっていますので、中学受験の予定がある方で興味がある方はチェックしても良いかもしれません。
お茶の水の出願をしている方は試験前になりますが、ノンペーパーで抽選倍率が7~8倍と高く、受験できる可能性が低いこともあり、お子様が事前に準備できることはないので比較的組みしやすいです。

また、入学準備体験講座「もうすぐ1ねんせい」なる講座もありました。こちら算数、国語、サイエンスの3科目ですが、既に受付終了。確かに面白そうなカリキュラムではありますが、それにしても動き出しが早いですね。

一番驚いたのは入塾テストで、下記の通り受験の前提として、ひらがなの読み書きと数字の1~10の読み書きが強制されることです。ひらがなの読み書きは、確かに年長であればできるようになっているお子様も多いですが、これを受験の前提とするのはややドライで厳しい印象です。

20年前に塾講師をしていたものの、今の中学受験業界はまだ全貌がアップデートできていません。
小学校受験と同じく早いうちに必要な調査を行い、やるべきことをやっておかないと後々怖そうです。



スポンサーリンク

-中学受験
-, , , , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ