公文国語A196

【3歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)

公文式 経過報告その⑲国語 漢字+音読

2018年11月28日

スポンサーリンク

科目:国語
進度:AⅠ 95-100  2A随時
年齢:3歳9カ月


皆さまこんばんは。
今日は公文の国語です。

ようやくAⅠも半分ですが、2Aの教材も復習しながら進めています。
今月、国語の歩みは算数に比べてやや遅いのですが、ちょうどAⅠ100は来年3月末の目標ですので、凡そ4カ月先行していることとなります。自分の能力を超えて急いでも仕方ないのでこのペースで良いと考えます。

トップ画像のような音読はどの段階の教材にも含まれています。自分で継続して読む機会が得られるのはいいですね。読み聞かせが大事とほとんどの方が言いますが、自分である程度読めるのであれば、それにこしたことはないです。

漢字は下記の通りなかなか大変。

「川」と「夕」はいいですが、「山」の二つ目はおかしいですね。
まず書き順がなってません。なんともかわいい山ですが、まだまだ練習が必要のようです。漢字の書きはあせらず、まだほどほどで良いと思っています。

当初の目標通り進めつつ、文章をすらすら読んで読解することと、ひらがなカタカナを中心にきれいに書くことを幼児期の目標としたいです。

公文国語A195

もうすぐ4歳か、、1年前はまだ2歳なので公文を始めていること自体かなり先行している状態でしたが、今は3歳後半なので、同じような月齢のお子様も目立ってきました。4歳までにどこまで進めるかな?

 



スポンサーリンク

-【3歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)
-, , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ