ブログリニューアルしました!おすすめ記事はこちら

【1歳~3歳】幼児ブロック教材比較(学研ニューブロック、レゴ、パターンブロック)

幼児用ブロック3選

皆さまこんばんは。
幼児向けの立体ブロック教材は色々ありますが、年次を間違うと、使わずに放置してしまうこととなります。今回、実際に使った教材の中から年次別にお勧めを紹介します。

目次

1歳後半~:学研のニューブロック

まずは伝統あるニューブロックのご紹介です。こちら、私が幼児の頃も使っていた伝統ある逸品で、幼稚園考査でもよく使われています。

特徴は素材がソフトなプラスチックで、中が空洞なので押すとへっこみます。1歳後半のお子様でも遊ぶことができます。

形も下記動画の通り、特徴的なものが多いです。想像を膨らませて線路にしたり、お花を作ったり、車を作ったり、何を作るか自由です。

3歳になってからは定期的にニューブロックで遊びたいと自分で言うようになり、今日は朝にレゴ、夜はニューブロックで遊んでました。

ニューブロック たっぷりセット

ニューブロック たっぷりセット

6,182円(04/12 11:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

2歳後半~:レゴブロック

次にレゴブロックです。こちら、至る所にお店があり、レゴランドまでできたぐらいですから、現在、日本一有名な立体ブロック教材かもしれません。

ただ、レゴはニューブロックと異なり、一回取り付けたブロックを外すのに力がいりますので、本格的に遊ぶのは3歳後半ごろからになると思います。

レゴで遊ぶ

つい最近、レゴブロックの通常サイズで独り立ちした感じです。
レゴブロックですが、店舗へ行くと実にたくさんの種類のブロックが売り出されており、どれを買おうか悩まされます。我が家でも色々考えて添付のLEGO classicを買いましたが、ある程度色々な形のブロックが入ったものがおすすめです。

あと、下に敷く板があるとないとでは、子どものテンションに大きな影響を及ぼします。こちら安価なので、入手しておくとベターです。これがあると板に自由にはめ込むというところからスタートしますので、敷居も低くなります。

レゴ (LEGO) クラシック 基礎板(グリーン) 10700

レゴ (LEGO) クラシック 基礎板(グリーン) 10700

740円(04/12 11:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

娘は3歳になったばかりの頃はスムーズに組み立ては出来ない状態でした。今もまだ、取り外しで固くて苦戦することはあります。

このため、2歳のうちでレゴを先行して練習したい場合は下記のLEGO duploシリーズがおすすめです。ブロックが大きく、ディズニーキャラはとっつきやすいです。2歳半~3歳半あたりまでよく遊びました。

レゴ デュプロ

2歳後半~:パターンブロック

先日、ブログでご紹介したパターンブロックです。
こちら、説明済ですので詳細は省略しますが、単純に遊ぶだけなら2歳から、教材を使って本格的に学ぶのは3歳からといった印象です。

また、非常に多くの先生方が推薦しており、小学校受験でもよく考査に出題され、更に将来の数学センスにも影響するという優れものです。

どうしても楽しさという意味ではニューブロックやレゴに劣るようですが、知育教材とは間違いない教材ですので、一家に一セットの必須の教材と言えるでしょう。

以上3点ご紹介しましたが、全て役割や適性年齢が異なり、あまりかぶりません。一つ一つが安価なので、1年に1回程度買い増す気持ちで全て準備されるのも良いかと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる