小学校受験塾の選択で確認しておきたい保護者参観・非参観、オンラインの違い

小学校受験幼児教室

小学校受験に関して幼児教室の選択につき、ご質問をよく頂きます。

幼児教室の質の良し悪しは講師により影響を受けるところも多いですが、幼児教室の違いで事前に考慮しておきたい違いの一つが、保護者の参観・非参観です。これまで大手でも対応が真っ二つに分かれていたことに加え、昨年はコロナ禍を踏まえたオンライン参観という第三の選択肢も増えて、一年を通して考えると、受験の取り組み方にも大きな影響を与えます。

この点、答えがなく、幼児教室ごとに対応が分かれているため塾に質問して解決できるものではなく、ご家庭ごとによく調査して、ご家庭の方針や志望校、お子様の性格にも合わせて判断すべきです。

早速ですが、参観型、非参観型、オンライン型につき、メリット・デメリットをまとめると、下記のとおりです。

 参観型非参観オンライン
お子様の把握
母子分離
時間の有効活用×
小学校受験の参観・非参観・オンラインのメリット・デメリット比較

大手で参観型の授業を展開するのはジャック、スイングなど、非参観はやや少数派で、伸芽会などが挙げられます。

お子様とのかかわりという意味では、参観型が一番聞こえが良いですが、こと小学校受験に関しては必ずしもそう言い切れないと考えます。参観型ではお子様の様子を一番近くで見ることができ、細かく把握できる一方、保護者は長時間、完全に拘束されます。
この時間も大事と言ってしまえばそれも正しいのですが、本試験の現場では確実に親はいません。
幼児期はセンシティブですから、保護者がいるといないでは、本試験での対応に影響が及ばないとも言い切れません。
つまり、母子分離に関して一定のリスクが伴います。

非参観の場合は、お子様の様子が細かく書かれた評価表が渡されるのが一般的です。
これにより、何ができて何ができていないか、課題が明確になる一方で、お子様のちょっとした癖など細かいところが把握できないリスクが残ります。

非参観のフォローとして、月に一回程度、参観日を設けている教室もあります。
毎回ではないですが、定期的にお子様を実際に見る機会があれば、参観と非参観の良いところどりと考えることもできます。
伸芽会などはこの典型ですね。

そして昨年、コロナ禍を機会に、オンラインへの対応をいち早く始めた教室があります。
大手の理英会と、ICT教育を重視するしながわ目黒こどもスクールです。この傾向は日を追うごとに対応する教室が増えていますから、今はもっと増えているでしょう。

理英会はZOOMで授業を見学でき、しながわ目黒はMicrosoftTeamsを使い、ともにスマホで見学できます。

参観と非参観については、メリットとデメリット双方あり、どちらが良いのかは人によるという結論になるのですが、オンラインについては、やや優位性が目立つかなという印象です。

なぜなら、参観の目的はあくまでお子様の把握が主目的のはずで、保護者の指導は二の次のはずです。
保護者に対しても厳しい対応を要求する教室もありますが、経験上、常識の範囲で対応していれば保護者に×はつけられません。毎日数時間、黙って後ろに座ってじっとする練習は不要です。メモは取っても、それ以外微動だにできませんからね。

オンラインでもお子様の把握の上では概ね問題なく、角度によってはよく見えたりもします。
この間、保護者は遠隔でお子様の様子を見つつ、願書を書いたり、学校の説明会を調査したり、自分の時間を作れるわけです。小学校受験は家族で臨む試験ですから、役割分担して有意義に動けることとなります。お子様は、保護者が見ていなくても自分自身で学び、自立していきます。
受験の大きなテーマにお子様の自立があるのに、同じ教室で親子がずっと一緒にいるというのに違和感を感じる、というような方はオンラインの方が向いているでしょう。

保護者様自身も、参観したい方と、非参観、オンラインはそれぞれご意向が分かれると思います。それは当然と思っていて、合わない方針に縛られて悩む必要はないと思います。この点は一年の取り組み方に間接的に大きな影響を及ぼしますので、是非事前に調査いただければと思います。

ジャック 驚異の合格率の理由がここにあります!

ジャック 驚異の合格率の理由がここにあります!

大岡史直
800円(09/20 18:16時点)
発売日: 2017/04/19
Amazonの情報を掲載しています
名門も、難関校も!小学校受験を決めたら

名門も、難関校も!小学校受験を決めたら

2,750円(09/21 01:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる