元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

公文勉強中

【3歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)

公文 進度目標-実績比較 2018年12月末(3歳10か月)

投稿日:

新年あけましておめでとうございます。
2019年は元号も変わる節目の年ですね。本年もよろしくお願いします。

新年第一回は公文の進度目標と実績の報告から始めたいと思います。

2018年12月末の進度は下記の通りです。

進度

算数:A105 B48
国語:2A110 AⅠ 130


当初の目標設定は、2019年3月末で、算数がA100、国語がAⅠ100です。

算数はBも並行して進めているので、3か月以上先行して進んでいると言えます。
一方、国語もAⅠ130なので進んでいるように見えますが、その前の2Aも同時並行して進めており、こちらは200まで終えていませんので、まだ達成しているといえません。3月末に2A、AⅠともに終わらせて、目標まで到達できればと思います。

ずっと見ていただいている方はおわかりかもしれませんが、8月の開始時から、ある程度の差をキープしているものの、差を広げていっているわけではありません。
モチベーションがあるのが救いですが、算数について、一枚一枚それなりに時間がかかっています。まだまだ反復練習が必要と感じます。

年末年始は子どもにとっては正月関係なく勉強習慣があるようで、正月早々、小学校の親戚に教えてもらいながら進めてました。周りに教えてもらうと励みになりますね。

公文勉強中

小3の算数を見せてもらいましたが、3桁の筆算、掛け算の筆算、少数、分数、文章題など、徐々に難しくなってきますね。
私はもうすぐ娘は小2に入る認識でいましたが、まだ掛け算もやっていませんし、小3との間の差はまだまだ大きいと感じました。

また、小学校の国語はひたすら書く練習をしているので、字がきれいですね。娘は筆圧もまだ弱く、字は綺麗とは言えません。字を綺麗に書くことは成績アップのため欠かせない要素の一つなので、どこかでひたすら書く練習をさせたいところです。



-【3歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)
-, , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.