ブログリニューアルしました!おすすめ記事はこちら

吉本新喜劇のオンライン:家族で笑って年納めしよう

なんばグランド花月

皆さまこんばんは。

我が家は毎年大みそかに、家族でなんばグランド花月へ吉本新喜劇を見に行きます。
今年は残念ながら、コロナで行けないかもしれない、、、ので、例年のなんばグランド花月のご紹介と一緒にオンラインのご紹介をしたいと思います。

目次

吉本新喜劇(なんばグランド花月)

なんばグランド花月は大阪難波近く、コテコテの大阪のど真ん中に位置します。
商店街は非常に多くの人で賑わっており、歩いているだけで楽しい街並みです。

吉本新喜劇が行われるなんばグランド花月で特殊なのは、食べ物の持ち込みが自由な点です。このような形態は東京ではあまり馴染みがないですね。たこ焼きを持って入ってくる方も多数。
また、小さい子供も多いのですが、入退場も自由で、周りの方も大らかです。
笑う場所だから、みな優しいんですよ。そのような緩い空気感が大好きです。

講演は1時間ほどの漫才・落語に、15分ほどの休憩をはさんで、次に1時間弱の吉本新喜劇が始まります。

娘も吉本が大好きで、4歳、5歳ぐらいからゲラゲラ笑いますよ。
幼児のお子様にも是非機会があれば見せてあげてください。
娘はよくしゃべり、笑わせようとする節がありますが、ここから来ているんじゃないかと。

なんばグランド花月はお子様にも優しく、お笑いデビューにおすすめです。
また、関東でも、深夜に吉本新喜劇をやってますので、お子様が楽しそうに見ていたら、是非おすすめです。

笑うと、がん細胞をやっつけるNK細胞を活性化させ、なおかつ免疫のバランスを整え、風邪もひきにくくなるとか。
いいこと尽くしですね。

2018年 大晦日講演

なんばグランド花月

大晦日恒例の笑ってはいけないシリーズに、ギターの松浦真也さんが出ていましたが、同日、ここにいました。
実は上の写真の右に少し映っています。一日支配人として写真撮影して頂き、最後に幸運でした。

スーパーマラドーナの上沼恵美子さんへのM1暴言騒ぎがあった直後の講演でしたので、色々と注目を浴びた年となりました。

2019年 大晦日講演

2019年は笑い飯。今年も実力派が揃い、面白かった。
今回、思い切って福袋を買いました。

まさかの桂文枝(三枝)師匠が!

三枝

と思いきや、、

ちっちゃ!

母がボソッと「ハズレやな」と一言。
でも親戚たちは楽しんでましたよ。すぐどこかへいってしまいましたが、、、

福袋の中身はこちら。。。ノーコメントです!!

2020年はオンラインか?

本年2020年末はコロナで厳しい情勢です。劇場も閉鎖していた期間がありましたが、入場者を制限しつつ再開しましたね。
本年は行けるかどうかというと、2020年11月20日現在、厳しい情勢です。

今年は諦めて、テレビで我慢しようかな、と思っていたところ吉本は今年はオンラインも対応していることがわかりました。
抜け目ないですね、流石。でもテレビでも良いのでは?とも思ってしまいますが、それは言わないでおきましょう。

取り急ぎチェックしてみましたが、11月の吉本新喜劇の配信は1,200円と安いですね。
これは意外。流石。大晦日の講演は人気があって、例年12月上旬には売り切れるし、料金も高く5,000円/人ぐらいします。

配信なら一人分の金額で良いし、金額も10分の1と。売り切れもないんでしょうかね。
吉本だけでなく、漫才もありますので、これならありかもしれないですよ。

福袋はハズレもありますが、舞台は裏切らないでしょう!

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる