元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

未分類

東京都の幼稚園受験⑳幼児教室はいつから通うのがベスト?

投稿日:

皆さまこんばんは。

今日は本年2019年秋の幼稚園受験を目的とした、幼児教室への入会時期についてお話します。

ここでの幼児教室とは、伸芽会、ジャック、理英会などお受験を主たる目的としているお教室のことを指します。

幼稚園においては、大きく①大学や高校まで続く附属系名門幼稚園、②過半数が小学校受験するお受験幼稚園、③その他幼稚園に分類されます。

③については、お受験を主たる目的としていない幼児教室で十分で、それほど神経質になる必要はないと考えます。
一方、①と②については特定の情報を得ていないと著しく受験に不利になることがあり、受験に対して万全を期すご家庭であればあるほど、大手幼児教室に通う傾向にあります。大手は月謝も高額で、ざっと週3回で月に4万円以上必要です。

実際のところ、半数の方は既に開始していると思います。一方で、我が家もそうでしたが、年明けではまだ始めていない方も多いはずですから、実体験に基づき、いつまでに開始すれば間に合うか検討したいと思います。

ベストな開始時期は1月頃、遅くとも4月

通学開始時期は早めに開始するに越したことはありませんが、費用対効果を踏まえた最適な開始時期は1月と考えます。但し、何らかの習い事に通っており、特定分野(基礎能力・マナー・親離れなど)で先行している方は4月でも問題ないと考えます。

4月から開始すれば、4~6月でお受験で必要な基礎能力を身に着けるとともに情報収集を済ませ、7~9月で弱点を補完することで、十分間に合います。
但し、これまで本当に何もしてこなかったお子様の場合、わがままを言ったり授業拒否したり、基礎的なところでつまずく可能性もあります。このため、不安がある方は1月から入っておくべきでしょう。この時期に入れば、それより前に入った方との差があったとしても、十分挽回可能です。

4月以降は幼稚園によっては説明会やご挨拶が終わっていたり、既に先行しているお子様との差がついてしまったり、一気に副作用が出てきますので、急激に不利になります。特に夏場から入る方は幼児教室側も付け焼刃の対応になったり、たくさん直前講座を取るように勧めたりせざるを得ませんので、結局高額の支払が生じることとなります。
幼稚園は倍率が急に低くなったり高くなったりするので、準備不足でもあっさり合格することも多く、お受験教室の効果が分かりずらいですけどね。

よって、この時期から気になるお受験教室に問い合わせして、体験授業を受けてみて、4月目途で開始時期を検討されると良いと考えます。

 



-未分類

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2020 All Rights Reserved.