幼児知育教材診断・比較

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具

2020/9/24

【ベビー・幼児】人気の知育通信教育・デジタル教材:おすすめ診断と年齢別比較

お受験本番マスク

おすすめ記事 中学受験 小学校受験 幼稚園受験

2020/9/24

お受験の試験当日で使いたいおすすめ子供向けマスク(幼稚園・小学校・中学校受験)

おすすめ記事 小学校受験 幼児教室 幼稚園受験

2020/9/9

【港区】麻布十番・広尾・田町で人気の幼児教室、幼稚園・小学校受験塾と合格者数

ポピーKids English

おすすめ記事 幼児ポピー 幼児教育の効果検証 幼児英語

2020/8/20

【幼児英語通信教材】ポピーKids Englishの体験レビューと効果

青南小学校

おすすめ記事 公立小学校

2020/9/9

【港区】公立小学校の人気・世帯収入ランキング、地図分布、児童数推移

ブログ秋_アイキャッチ用拡大

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/17

【小学校受験】おすすめ過去問題集:伸芽会と理英会の比較

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験

2020/9/19

人気のお受験バッグ・小物・雨具をご紹介(小学校受験・幼稚園受験)

本棚の公文カード

おすすめ記事 幼児通信教材・知育玩具

2020/8/14

【公文・七田・こぐま会】0歳~3歳のおすすめフラッシュカード(効果、年齢、集中させる方法)

おすすめ記事 小学校受験 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具 幼稚園受験

2020/9/18

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としてもおすすめ

37.5度以上不可

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/15

【小学校受験0次試験?】考査当日にほとんどの学校で検温実施。37.5度以上の発熱で受験不可の傾向

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

【小学校受験】私立・国立小学校情報満載のおすすめ本

幼児教育 積み木

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2020/4/29

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

筑波大学附属小学校

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/18

筑波大学附属小学校の試験方式、受験倍率、抽選について:2021年度は試験日程変更、一次抽選難化へ

ワンダーボックス教材相関図

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事

2020/8/14

WonderBox(ワンダーボックス)継続中!教材とアプリ、知育効果と評判をわかりやすく解説します

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

慶応義塾横浜初等部の願書と試験傾向:2019「福翁自伝」→2020「伝記小泉信三」→2021「福翁百話」

小学校受験 幼児教室合格実績

おすすめ記事 小学校受験 幼児教室

2020/9/22

【私立・国立小学校受験】首都圏幼児教室 合格実績比較(伸芽会、ジャック、理英会、スイング、こぐま会、わかぎり等)

幼児英語オンライン

おすすめ記事 幼児英語

2020/8/14

人気の幼児オンライン英会話を辛口比較(年齢・費用・評判・内容)

筑波大附属小学校前

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/14

名門小学校に合格する子供の共通点(幼児教室・教材・能力)

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/20

【小学校受験】学研のオンライン家庭教師継続中レポ(通学との比較、費用、効果)

RIZAPKIDSライザップキッズ

おすすめ記事 スポーツ

2020/9/7

【マンツーマン運動教室】RIZAP KIDS(ライザップキッズ)の通学レビュー、費用、評判、効果

象の絵 19/1/11

幼児教育の効果検証

3歳らしく、自由に書いた絵から幼児教育を考える

皆さまこんばんは。

昨年10月下旬、娘は絵が苦手という記事を書きました。

4月の幼稚園入園時は横並びの印象だったお絵かきが、何もせずに半年経過した後、みな上手になってて驚いたというお話です。

人と比べてはならないというのが幼児教育の一つの鉄則ですが、それはあくまで子供に言わないだけの話。フォローできるものはフォローしてあげないといけませんので、お絵かきの習慣をつけました。

ただ現状は絵画教室に行っているわけではなく、習い事としては幼児教室で月に1度程度、指導頂いている程度です。
基本的に、好きなものを好きなように描いていいよ、と言っています。特段制約を設けない一方、横で一緒に何か書くことで、その書き方や塗り方は見て学んでもらう、モンテッソーリ的スタンスです。

トップ画像は今週、自由に描いてもらった象です。

上手い下手は置いておいて、まあまあ子供らしい絵を描くようになったなという印象です。
半年で成長したところとしては、ある程度隙間なく塗る、あとは適切な色の選択ができるようになったかな。象の絵として、なんとか認識はできます。
半年前はキティちゃんの顔が紫で、目についた色を好きなように塗る印象で、塗り方もムラがあり、ぱっと見の印象があまりよくありませんでした。

ようやく子供らしい絵を描くようになってきました。

ここでわかったことは、幼児教室へ行く必要があるか否かは置いておいて、親が十分に子供と向き合って、子供が色々な経験を積む機会を十分に与えてあげないと成長しないということです。

色々な選択肢がある中で、幼少期にどのような機会を与え、何を経験させてあげるかは親次第ですので、親の責任が大きいと実感します。

適切な幼児教育というのは、習い事や幼児教室云々が前提では決してないと考えます。毎日子供が元気に遊び、お友達と楽しくすごすだけでも立派な幼児教育なのではないでしょうか。

もうすぐ4歳ですので、今のうちに何をしてあげられるのか、よく考えて過ごしていきたいです。

 



-幼児教育の効果検証

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ