メルちゃんイベント

お出かけ・レジャー

あんふぁん・ぎゅって春フェス2019に参加してきました

2019年2月3日

スポンサーリンク

皆さまこんばんは。

今日はベルサール新宿で開催された幼児教育系のイベントに参加してきました。
とはいっても娘のお目当てはメルちゃんです。

3歳~6歳の未就学児を対象とした無料の催しで、知育、音楽など、色々な企業が参加して、子どもが楽しめるイベントやプレゼントが盛りだくさんです。

午前の部と午後の部の2部構成で、それぞれ3時間です。事前抽選制ですので、予め申し込んで当選する必要があります。
会場は都営大江戸線都庁前のA5出口から出てすぐで、子どもの足でも徒歩2分程度です。我が家は午後の13時開場でしたが、13時につくともう凄い行列になっており、入るまで15分ほど要しました。

ベルサール入り口

ようやく入ると、地下1階にて、パンフレットや協賛企業の試供品を頂きました。

イベントスケジュールと、参加企業は下記の通りです。各ブースを回りながら、お目当てのイベントがあるときはステージに行くという形で、自由に移動できます。

あんふぁんスケジュール

各ブースは、色々なグッズをもらえることもあり、非常に盛況です。どのブースも無料にしてはいいものをくれます。最初にもらった試供品と併せて、戦利品は結構多かったです。

・レゴブロック
・マイネーム(マジック)、消せるクレヨン
・乳児向けバーモントカレー
・メルちゃんマグカップ
・美容ドリンク密
・幼児向けワーク(花まる学習会)
などなど。その他下図の通り盛りだくさんです。

あんふぁん 戦利品

さて、各ブースのご紹介をしておこうと思います。
まずはメルちゃんです。

なんか凄いです、、(笑)。でも娘は大喜び。
写真にある通り、メルちゃんファンクラブなるものに登録すると、マグカップがもらえるとか。実際のところ、ピンクのコップに自分でシールを貼るだけですが、娘は大喜び。メルちゃんブランド恐るべし。

メルちゃんブース

トップ画像の通り、メルちゃん達のイベントもありました。内容は手遊びしたり、歌を一緒にうたったり、他でよく見るようなイベントと同じでしたが、今回は相手がメルちゃんですので、大盛り上がりでした。

各ブースのご紹介

本日のイベントで、当ブログとも一番関係が深いのが学研、花まる学習会及びヤマハ音楽教室でしょう。

まず学研です。

私はこれまでお話してきた通り、競合にあたる公文式をずっと継続していますが、これは私自身が公文生であり、うまい使い方をそれなりに分かっているということが大きな理由です。
全てにおいて公文を推す理由もないので、今回学研の良い所をお話しておこうと思います。

それは、、、学研は2教科(国算)で税込8,640円、3教科(国算英)12,960円と月謝が公文に比べて安いことです。公文2教科よりも学研3教科の方が安いですね。また、教室によっては気配りが利くという評判も聞き、公文から学研に移籍する方も散見されます。

学研ブース

次に花まる学習会です。

こちら、どちらかというと、都心より離れた場所に多いイメージですが、
新宿区、港区、渋谷区、文京区あたりでも四ツ谷、代々木、早稲田、小石川などにあります。そういえば代々木駅前の行列ができるたい焼き屋の裏にありました。

こちら、子どもを伸び伸び育てたい教育方針のご家庭には、非常に良いと感じました。お受験というカテゴリではなく、子どもらしく、外遊びなど含めて色々な体験をさせることに重きをおいています。知育に関しても、詰め込み式ではなく、考える力を伸ばすことを重要視しているようです。

えらく饒舌な方とブースでお話しましたが、非認知能力を重視しているという言葉が飛び出しました。私はこのブログでボーク重子さんやヘックマンで取り上げている通り、興味深い論点であります。
お話しいただいた方も、セールストークという感じではなく、ただ饒舌に魅力を語っていたことから非常に好感度が上がりました。妻は非常に気に入ってしまったようです。

最後にヤマハです。

ヤマハによれば、聞く力は4~5歳に伸びるということから、娘にとって音楽教育を始めるのであれば今が旬ということになります。

音楽教室は月謝が安いことが特徴です。60分×年間40回のレッスンですので、概ね月3回強のレッスンという計算になりますが、月謝は6,500円(税抜)です。

七田などの幼児教室は1回の授業がこれぐらいの金額になりますので、非常にリーズナブルですね。悩みます。。

その他、ブースは下記の通りです。

小学館・・・ランドセルを使ったイベントで、くじ引きで景品(文房具)がもらえます。一番行列ができていたかもしれません。

小学館ランドセル

コクヨ・・・新商品「コクヨらくらくランドセル」の販促で、実際のランドセルを背負って撮れるサービスがありました。半数以上のブースで実施していた景品やくじ引きがありませんでしたので人数は少なかったですが、我が家は写真撮りました。物も良かったです。留め金をワンタッチで簡単に締められるようにした点がポイントだそうです。

サクラクレパス・・・マイネーム50周年記念ということで、ガラガラ抽選会を実施。小学館、学研と並び長い行列を作っていました。

ヒューマンアカデミーロボット教室・・・何やら複雑な動きをするロボット達がたくさんいましたが、うちの娘にはまだ一年早かったようで、今回はノータッチでした。

そのほか、パンフレットのみでしたが、シェーンこども英会話は少し気になるところ。私案になりますが、しっかり通うという前提のもとで、200校以上ある校舎と伝統、カリキュラム構成から、他の通学系英会話教室よりも良いと感じています。

子供は楽しんでいるだけでしたが、色々新たな発見もあったイベントでした。



スポンサーリンク

-お出かけ・レジャー
-, , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ