2A159国語

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)

【4歳0か月】公文式 経過報告その㉓国語 A終盤!

スポンサーリンク

国語

進度:2A155-160  AⅠ100前後繰り返し
年齢:4歳0か月


皆さまこんばんは。
久しぶりの国語の更新です。この間、2Aはだいぶ進みました。
2Aはひたすら音読と簡単な書きを繰り返しでどんどん前へ進み、Aは同じ教材の繰り返しで漢字を勉強していました。

2月で2Aは終わるかな?と思われます。音読練習に終わりはないですが、教材は安定して進められますので、2Aはそろそろいいでしょう。

一方で、AⅠの漢字はまだまだですね。字が汚いです。
ここ1ヶ月の成長としては、音読みや訓読みなど、読み方が色々あるということを学んだということでしょうか。

音読による勉強は非常に有用ですね、読み聞かせを自分で行っているわけですから。私は仕事の関係で2,3日話ができない日が続いたりすることがあるのですが、新しい言葉が増えたり、話し方自体少し変わったり、明らかな違いを感じることがよくあります。

お話しの因果関係がしっかりできていて、もうママと普通に会話のキャッチボールができています。

節分の時も、ただ泣いていた昨年とは違いました。

私はばれないように着替えまでして臨みましたが、いつも使っているサンダルを履いたまま鬼に扮してしまったため、しっかり怖がってくれましたが、「鬼がサンダル履いてたね~」と後で指摘されてしまいました。
少し間をおいて、「あれパパの鬼じゃない?」とか「おめん被ってたね、あれ人じゃない?」とか言葉の一つ一つをつなげると既にバレているような指摘があり、非常にぎりぎりでした。

皆さまはいかがでしたか?まだばれてませんか?

来年はもう一工夫しないと、もう持たないかもしれません。最近、スーパーに売っている鬼の面もかわいい鬼の面が多くてちょっと刺激が足りないなあと、、、来年はがんばるぞ!!

 

 

 



スポンサーリンク

-【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ