【宮城県(仙台・名取)】人気の公立小学校のご紹介:学習環境・中学受験・治安・評判

小学校紹介記事用

本日は仙台市を中心に、宮城県で人気がある公立小学校のご紹介です。

目次

宮城県の公立小学校の特徴

宮城県には様々な市町村がありますが、県庁所在地である仙台市では、特色ある学校教育を目指す学校が多数あります。

小1のための生活・学習サポート

新入学児童が小学校の中で安心して集団生活を営み、学習に落ち着いて取り組める環境をつくるために、第1学年のクラスに「生活・学習サポーター」を配置し、担任をサポートしてもらう事業を展開しています。

地域のボランティアに6月頃までお手伝いしていただきます。

家庭学習ノート

学校での学習理解をさらに深めるため、家庭での取り組みも重要です。

「家庭学習ノート仙台 いっしょに算数(3年生)、いっしょに国語(5年生)」というワークを活用し、家庭で保護者や家族が一緒に学習に取り組めるよう工夫しています。

仙台市標準学力検査および仙台市生活・学習状況調査

児童生徒一人一人の学習面や生活面の成長の様子を客観的に把握し、今後の指導に生かすことを目的として、独自に標準学力検査(小学校3年生から中学校3年生対象)と生活・学習状況調査(小学校2年生から中学校3年生対象)を実施しています。
また、確かな学力向上に向けた取り組みをより効果的なものとするため、その検査結果から実態や課題を的確にとらえ、授業の工夫改善に活用しています。

2学期制の採用

仙台市では2学期制を導入し、1年間を前期と後期に分け、秋休みを設けています。

授業時間の確保と、通知表の回数の削減で教師の負担を軽減する目的があります。また、7月や12月に行事を行いやすいというメリットもあります。 
2022年度には、宮城県内の11市町村の教育委員会が3学期制から2学期制に切り替えを決定しています。 
宮城県の2学期制の導入は、35市町村教委のうち25教委と7割を超え、東北6県でも突出して多いです。

仙台市

荒町小学校

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる