元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

スワンナブーム空港

お出かけ・レジャー

家族旅行でタイへ行こう:スワンナブーム空港での準備と現地ホテルまで完全ガイド

更新日:

皆様こんばんは。

本日は、出張でタイへ来ていますので、
勝手ながらこれに関わるお話をさせていただきます。

タイは観光地も豊かで、東南アジアの中では旅行先としてお薦めの国の一つです。

家族旅行におけるタイのおすすめ出来る点、出来ない点は下記の通りです。

タイの長所:物価が安く、旅費も安い。動物園など、日本にはないエキサイティングな経験ができる催しがある。ちょっと時間をかければ綺麗なビーチも楽しめる。寺院は派手なので子供受けが良い。
タイの短所:子供は食が合わないことが多い。近年空気汚染が問題となっている。

このように、長短あるタイ旅行ですが、子供が大きくなるに従い、面白い旅行先になると考えます。

家族連れで初めてタイへ行く場合、慣れていないと意外に迷うのが、
現地のスワンナブーム国際空港に着いてからホテルへ向かうまでです。

この点、家族で初めてタイへ行くことに決まったが、特段海外慣れしているわけではないご家族を前提として、現地ホテルにスムーズに到着できるよう詳しく説明します。

タイのスワンナブーム空港は、アジアの中ではわかりやすい方ですが、
飛行機を降りて以降、日本と違って基本的に誰も助けてくれません。

受付で何か聞こうとしても、日本と違って、まず真面目に応えてくれるか
わかりません。間違った情報さえよくあります。

まず、飛行機を降りたら、Arrival、Immigrationと書いた指示の方へ向かいます。
結構歩きます。Transferは乗り継ぎで、こちらへ向かう方も多いので惑わされないように。

査証の際、Departure cardの記入が必要となりますので、
予め記入を忘れないようにしましょう。こちらは機内か査証の手前で
記入しますが、機内でもらって書いておくのがスマートです。
査証の際に半券を受け取りますが、こちらは出国の際も必要となりますので、
半券はなくさないようにしまっておきます。

次に荷物の受け取りです。荷物の受け取りはどこもそうですが、結構待ちます。
また、受取後、基本的に荷物と受取証の照合はありません。トランクケースを
取られないように注意しましょう。
ここで気をつけることは、トランクケースごとの盗難よりも抜き取りです。
言いきってしまいますが、荷物を開けて金目のものが取られることはよくあります。

荷物を受け取って外へ出るまでは、通常何のチェックもありません。

外へ出ると、2階のArrival(到着)階に放り出されます。
ここで選択肢はいくつかあります。

・買い物
3階にファミリーマート、地下1階にセブンイレブンがあります。
ここで通過を小さい単位にしておきましょう(100バーツ、50バーツ、20バーツはたくさんあると良い。)。クレジット支払が中心であれば、1,000バーツ紙幣はあまり使いません。
タクシー支払で細かい金額を支払えず、相手がお釣りがなく、コミュニケーションもとれない場合、トラブルのもととなります。

スワンナブームのセブンイレブン

コンビニは品ぞろえよく、実は日本で準備しなくてもここである程度揃えられることがわかります。

スワンナブーム セブン 品揃え

・タイ通貨へ交換
既に国内である程度準備しているでしょうが、もしまだしていなければ、先に済ませましょう。レートは悪いので、本来最低限がベターです。詳しくは調べていただければと思いますが、例えばマネパカードというカードは便利です。携帯で日本銀行口座から金額を移して、良いレートで外貨に変更して、すぐに引き出しできますので、余計なキャッシュを持ち歩く必要がありません。

・WIFI
既に国内で調達しているでしょうが、地下1階で、現地WIFIを簡単に借りることができます。2019年2月現在、予備バッテリー込みで250バーツ/日で、容量無制限です。容量無制限は大きいです。また電池の持ちもよく、一日中放っておいてもつながっています。つまり、日本と同じように常時ネットにつながった状態になります。

スワンナブーム WIFI
日本で借りるWIFIも今は変わっているかもしれませんが、1年前にレンタルした日本のWIFIよりも性能良かったです。但し帰国時に返却し忘れるとやっかいですのでご注意を。

・ホテルへの移動手段
次は通常、ホテルに向かうはずです。
移動手段はエアポートリムジン、タクシー、電車などの選択肢があります。

リムジンは確実ですが、高額です。電車は大きい荷物を持って乗り換えする時に迷った
時にどうしようもなくなる危険があり、ファミリーには不向きです。

よって、多くのケースではタクシーがお薦めです。
空港の1階に下りると、乗り場があります。

スワンナブーム タクシー乗り場

それぞれ列に並び、ボタンを押すと順番が表示され、順番が回ってくるとレシートが発行されます。
レシートと交換でタクシーに乗ることができます。

スワンナブーム タクシー乗り場 操作

私はこれまで2,30回タイに来ていますが、日中でタクシーのぼったくりはほとんどないと言って良いです。特に、空港発のタクシーはその点不安に感じる必要はないでしょう。
但し、タクシーのドライバーはほとんど英語を話せないことと、能力的な問題で目的地に着けないことが多いのが実情です。

タクシードライバーのよくある特徴

・タイ語しかわからない。
・地図が読めない。
・ホテルを知らない。
・地名も知らない。
・日本人を騙そうとはしていない(日中※)。
※夜間の流しのタクシーですと、メーターを入れずに走り、相場の2~3倍を取ろうとするドライバーが見られます。メーターを入れるように指示し、入れなければ後ろに気をつけながらドアを開けましょう。

タイのタクシー

スムーズに目的地へ行くポイント

彼らは地図を見せて指示してもわかりません。またホテルも知らないことが多いです。
グーグルマップを見せればわかるというわけでもありません。
この場合、彼らの多くはホテルの電話して、直接聞いて解決しようとします。
ホテルの電話番号を準備しておきましょう。ホテルと電話がつながると
まず問題なく到着します。

あと、必ずWIFIをつなげて、目的地にしっかり向かっているかマップで追っていきましょう。
細かい道程の指示をするため、タイ語の基本用語を準備しておくとなお良いです。
タイ人が地図を読めないのであれば、こちらが指示してあげれば安心です。

 



-お出かけ・レジャー
-, , , , , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.