元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)

【4歳1か月】公文式 経過報告その㉔算数 年長でGまで行けるか!

更新日:

算数

進度:B50-55 A130-140
年齢:4歳1か月


皆さまこんばんは。
今日は久々に算数の報告です。

いや~長かった。
3,4回AとBの反復を繰り返しましたが、ようやく安定してきました。

かつて3Aか4Aで同じ教材を実に5,6回やりましたが、それ以来です。

一方で、当ブログの目標はFで先生にも同様の話はしていますが、先生より年長までにGまで2回転するように厳命がありました。
全部2回転はなかなか大変ですが、それぐらいやらないと身にはつかなそうです。幼児優秀児課程のテストを意識してかと思います。

本日、他のブログ記事で全国優秀生徒の進度を見ることができましたが、既に年少でDやEに到達しているお子様もたくさんいました。全国は広いなあと実感しました、Bで結構進んでいる方と思ったのですが。我が家も負けじとあせらずじっくり進めていきたいと思います。

B教材の筆算の期間が長すぎて、同じ教材でも数か月前と比較して、数字を一定の大きさで濃く書けるようになりました。

娘の場合、年長になるとお受験の波に流される可能性がありますので、時間的に余裕がある年中でガンガン進んでいこうと思います。年中の進捗次第で、Gまでいけるか否か、概ねわかるでしょう。

 



-【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.