元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)

【4歳2か月動画】公文式経過報告その㉕算数 3桁筆算の指導ポイント

更新日:

進度:B75-80
年齢:4歳2か月


皆さまこんばんは、WASABIです。

今日の公文報告は算数ですが、久々の動画です。
ブログ開始当初、私は動画の編集も雑で、初期の頃は動画が横になったまま掲載したりしていました(笑)。

色々試行錯誤しましたが、最近は回転、切り取り、消音に圧縮と簡単にできるようになりましたので、今後は動画アップの機会が増えると思います。初期記事の動画は機会があればリライトしますが、成長の軌跡ということでお許しください。

さてさて、今日の公文は筆算です。
動画の通り、筆算が3桁になりました。最初は娘も「3つになった!」と口をすぼめて驚いていましたが、1週間もたたず慣れたようです。
2桁の筆算を初めて取り組んだときよりもスピードが早く、慣れてきたように思います。まだ考えながら解いていますので、大人がやるようなスピードでは解けませんが、この調子ですと3桁筆算は問題なさそうです。

3桁筆算を教えるコツは2桁筆算と同じで、下記のように教えれば理解していました。

①それぞれの位で10を超えない計算をひたすら練習
②10を超えるときは1+〇+〇で計算する。
③3桁になっても同じ計算を3回繰り返すだけ。

出来ないうちは、この過程を教えてもなかなか意欲がわかないことがあります。動きが鈍い場合は、楽しいイベントの前に公文の勉強を持ってきて、それが終わったらいけることとするのも一手です。きっとお子様は頑張ります。



-【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語)
-, , , , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.