ワンダーボックス教材相関図

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事

2020/8/14

WonderBox(ワンダーボックス)継続中!教材とアプリ、知育効果と評判をわかりやすく解説します

小学校受験 幼児教室合格実績

おすすめ記事 小学校受験 幼児教室

2020/9/19

【私立・国立小学校受験】首都圏幼児教室 合格実績比較(伸芽会、ジャック、理英会、スイング、こぐま会、わかぎり等)

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

【小学校受験】私立・国立小学校情報満載のおすすめ本

筑波大附属小学校前

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/14

名門小学校に合格する子供の共通点(幼児教室・教材・能力)

37.5度以上不可

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/15

【小学校受験0次試験?】考査当日にほとんどの学校で検温実施。37.5度以上の発熱で受験不可の傾向

筑波大学附属小学校

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/18

筑波大学附属小学校の試験方式、受験倍率、抽選について:2021年度は試験日程変更、一次抽選難化へ

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

慶応義塾横浜初等部の願書と試験傾向:2019「福翁自伝」→2020「伝記小泉信三」→2021「福翁百話」

Twitterツイッター

おすすめ記事 幼児通信教材・知育玩具

2020/8/4

ツイッターで人気の幼児向け知育玩具をご紹介

おすすめ記事 小学校受験 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具 幼稚園受験

2020/9/18

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としてもおすすめ

ダイニングテーブル組み立て

おすすめ記事 わさびの日記 小学校受験

2020/9/15

パパと娘でDIY:リビング勉強できるダイニングテーブルを一緒に組み立てました

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験

2020/9/19

人気のお受験バッグ・小物・雨具をご紹介(小学校受験・幼稚園受験)

本棚の公文カード

おすすめ記事 幼児通信教材・知育玩具

2020/8/14

【公文・七田・こぐま会】0歳~3歳のおすすめフラッシュカード(効果、年齢、集中させる方法)

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/20

【小学校受験】学研のオンライン家庭教師継続中レポ(通学との比較、費用、効果)

幼児英語オンライン

おすすめ記事 幼児英語

2020/8/14

人気の幼児オンライン英会話を辛口比較(年齢・費用・評判・内容)

RIZAPKIDSライザップキッズ

おすすめ記事 スポーツ

2020/9/7

【マンツーマン運動教室】RIZAP KIDS(ライザップキッズ)の通学レビュー、費用、評判、効果

ポピーKids English

おすすめ記事 幼児ポピー 幼児教育の効果検証 幼児英語

2020/8/20

【幼児英語通信教材】ポピーKids Englishの体験レビューと効果

青南小学校

おすすめ記事 公立小学校

2020/9/9

【港区】公立小学校の人気・世帯収入ランキング、地図分布、児童数推移

小学校受験分野に強い 幼児通信教材

おすすめ記事 小学校受験 幼児通信教材・知育玩具

2020/9/18

小学校受験・幼稚園受験に役立つ幼児通信教材

おすすめ記事 小学校受験 幼児教室 幼稚園受験

2020/9/9

【港区】麻布十番・広尾・田町で人気の幼児教室、幼稚園・小学校受験塾と合格者数

こどもちゃれんじ2月号教材

おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児教育の効果検証 幼児通信教材・知育玩具

2020/4/29

【幼児通信教材】こどもちゃれんじを3年6か月継続したレビューと効果

わさびの日記

【幼児教育】幼児・小学生にテレビゲームは悪影響?気をつけたいことは?

今日は幼児教育に絡めて、テレビゲームに関するお話をします。

皆さま子供の頃は、ファミコンなどテレビゲームはされていましたか?
私は外遊びもテレビゲームもよくやっていました。難しいゲームは解き方を本気で考えて、時間を費やしたこともありました。
そして、もうやめなさいと何度も怒られました。30年前のよくある光景です。

今日のお話は、昔ゲームをやっていた同世代の方は懐かしいと思うかもしれません。
一方、やっていなかった保護者様は、お子様が今後興味をもつであろうゲームに関する考え方の指針になればと思います。

いずれにしても、今日は日記ですので、かる~く聞いて頂ければと思います。

テレビゲームをやっている子供と聞くと、一般にネガティブな印象を持たれるかもしれませんが、
幼児教育視点で考えると、興味を持って頭をフル回転させて遊んでいるとも考えられます。

幼児教育において間違いなく「遊び」は重要な教育の一つですから、
テレビゲームも正しく遊べばプラスに働く面もあるはず、というのが私の考え方です。

そして、周りの高学歴の皆さんにゲームをやっていたか否か聞いてみてください。
多くの方が、やっていたと答えるはずです。

私見が入りますが、何が良くて何がダメなのかを考えていきたいと思います。

テレビゲームには、いつか種類がありますが、大きく4つに分けることができます。
据え置き型のパッケージ型ゲームと、持ち運びできるゲーム、スマホゲーム、ネットゲームです。

やったことがあるかどうかでいうと、私は全てやったことがあります。

据え置き型ゲーム

昔ながらのゲームのほとんどがこれに該当します。
ファミコン、スーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブ、プレイステーション、セガサターン、Wii、などなど。
それぞれ、主にパッケージソフトで、完結するゲームで、終わりがある点がポイントです。

基本的に、家でしかできないため、1日1時間とか言われながら、それなりの統制のもと、遊ぶことができます。

また、ゲームの中には頭や手先を使う優良なゲームがたくさんあります。下記一例を挙げます。

・ドラゴンクエスト:通称ドラクエ。ロールプレイングゲーム。自分の成長に従い、体力やお金が全て数字化されますので、頭の中で計算したり、戦略を練ったりすることで、頭を働かせます。

・ファイアーエムブレム:シミュレーションゲーム。すごろくみたいなマトリックス上の地図で見方を動かし、敵をやっつけていきます。一手間違ったらやられてしまいますので、やっていることは将棋と似ています。

・スーパーマリオ:アクションゲーム。うまく動かすために指先を起用に操ります。始めてコントローラーに触る人が非常に不器用に見えますが、やっていることはピアノと似ています。

・さんまの名探偵:謎解き・推理ゲーム。限られた選択肢の中から謎解きをしていきます。自由な発想で調べていかないと前へ進めません。これは幼児教育で言うと、非認知能力の教育に近いと思うのですが、言い過ぎたかな(笑)

これらの副作用は、やりすぎると勉強などに支障がでること。しかし、ゲームに終わりがあるのであれば、メリハリをつけて、
勉強とも普通に両立できます。ご家庭の方針にもよっては許容しても良いでしょう。

持ち運びできるゲーム

私が小学校高学年になる頃、子供にとって画期的なゲームが登場しました。その名もゲームボーイ。
当時はまだ白黒ですが、電池を入れて、ポータブルでゲームができる!

これは当時、非常に興奮しました。

しかしながら、運動量が減るなどの影響はあったかもしれませんが、
友達と遊ぶときの選択肢が増えただけで、幼児教育上は悪い影響があったとは思いません。

現代においては、ニンテンドーDSが、代表的な持ち運び型ゲームです。
こちらも仕組みとしては同じで、ゲームに終わりがあるパッケージソフトです。

自分で判断できる中高生は置いといて、幼児や小学生については親が統制することで、据え置き型ゲームと
同様に、ゲームのやりすぎなどを防止することができるでしょう。

スマホゲーム

ここ数年のお話に入ってきました。スマホゲーム。
今や、誰もが簡単にアプリをインストールしてゲームで遊ぶことができます。

こちらは、私は幼児教育上、やや危険だと感じています。

それは、純粋に子供にとって楽しいから。そして終わりがないからです。

終わりがない楽しいゲームというのは、課金の可否以上に恐ろしいものです。

こちらも、自律できる学生であれば何も言うことはありませんが、幼児期、小学生においては
移動中なども含めてのめりこんでしまう恐れがあるので、要注意です。

手が空いたら遊びたくなるようになってしまったらもう中毒です。
親が管理しきれなくなる恐れもあります。

どうせならThink Thinkなどの知育アプリで遊ぶ癖をつけさせたいですね。

ネットゲーム

私はドラゴンクエストが大好きです。
結婚前は、ドラゴンクエストから出た初めてのネットゲーム、ドラゴンクエストⅩ(10)で遊んでいた時期がありました。

初めてのネットゲームでしたので、非常に驚きの連続です。
いくつかサーバーがあって、好きなサーバーを選択してゲームが始まります。
サーバーごとに同じ世界が用意されています。サーバーを選んでゲームに入ると、同じ空間に
たくさんのプレイヤーがいます。お店などの前には人だかりができています。

その中で一緒に力を合わせて進めていくわけです。

そしてこちら、ストーリーやコンテンツがどんどんアップデートされて増え、いつまでも終わりがない仕組みになっています。
加えて、飽きさせないようにと、毎日これをやるとよい、みたいな日課があったりします。

ドラクエファンにとっては面白いと思える仕組みになっています。
面白いがゆえに、非常に怖い。ネットゲームには全て同じようなことが言えるでしょう。

これは、気づいてもなかなかやめられない方が多いでしょうが、
私の場合、結婚をきっかけに環境が変わり、自然と辞めることができました。

このブログを書くにあたり、実に6年ぶりにログインしてみましたが、
なんと当時のネット上の知人がまだ3割ぐらいいる!ゲーム上の髪型とか変わったりしてましたが。
もうゲームの仕組みが複雑になりすぎて、何がなんだかわからないようになっていましたね。

どんな楽しいことでも、終わりがないように誘導される仕組みは
恐ろしいです。ゲーム自体が永遠に続くならまだ違う考え方もできますが、
長い時間をかけた後、いずれサービスは終わるわけです。終わったら、無です。残るのは思い出だけ。

いくら趣味といっても、日課のような作業はさすがに世の中的には有益ではありませんね。

子供が早い段階でネットゲームにはまってしまうと、パッケージソフトと異なり、
終わりがないため後戻りができなくなる可能性があります。

お酒のような表現になりますが、ゲームとは節度を持って、正しく付き合っていくことが必要かと思います。
ネットゲームは成人まで待つ法律はないですが、自分を律することができる年齢までは控えたほうが良いと個人的には
考えます。テレビゲーム自体は面白いですし、使い方によっては幼児教育にプラスになるツールと考えます。

 

 

 



お受験考査直前:雨具・スリッパ・靴袋はセールで

-わさびの日記
-, , , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ